【オートサロン3日間で1000台以上の予約!】高額なGRヤリスがここまで売れるワケ (1/2ページ)

【オートサロン3日間で1000台以上の予約!】高額なGRヤリスがここまで売れるワケ

オートサロン会場でもっとも注目を集めたクルマ

 東京オートサロン2020で大いに注目を集めたクルマといえば、トヨタGAZOO Racingが発表した「GRヤリス」だったと感じている人は少なくないだろう。WRCのマニュファクチャラーズタイトル(2018)、ドライバーズタイトル(2019)を獲得したWRCマシン「ヤリス」での知見を活かし、また次期WRCマシンのベースとなるべく生み出された「GRヤリス」は、間もなくフルモデルチェンジモデルが発売となる新型ヤリスと異なり、クーペ的なルーフラインの3ドアハッチバックボディを与えられたホモロゲーションモデルといえる存在だ。

GRヤリスはなぜ人気なのか

 単にボディ形状のホモロゲーション目的であればFWDだけのラインアップでもいいわけだが、専用設計の3気筒1.6リッターターボエンジン(最高出力200kW)に6速MTを組み合わせ、前後駆動配分100:0~0:100まで可能な4WDシステム「GR-FOUR」をも搭載している。“Born from WRC”のキャッチコピーよろしく、ノーマルでも十分にスポーツドライビングが楽しめるパッケージだ。2019年末にスバルWRX STIが生産終了となり、日本車からそのままラリーに参戦できるベース車がなくなってしまったと悲観にくれるファンも多かったが、まさしく光明となった。

画像ギャラリー