新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目 (1/2ページ)

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目

SUVテイストをプラスした新顔に注目!

 三菱自動車は、スーパーハイト軽ワゴンの新型eKスペースならびに新型eKクロス スペースを発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、eKスペースが139万9200円(M/2WD)〜176万7700円(T/4WD)、eKクロス スペースは165万5500円(M/2WD)〜199万1000円(T/4WD)。eKスペース&eKクロススペース登場

 まず注目すべきは、eKクロス譲りの迫力あるフロントマスクを手に入れたeKクロス スペースだろう。「他社にはない“三菱自動車らしさ”を訴求するスーパーハイトワゴン」をコンセプトに開発。頼もしさ(SUVテイスト)をプラスし、居住性の改善や安全性能の強化、現行車のよいところを継承し、進化させている。eKスペース&eKクロススペース登場

 フロントマスクは、eKクロスの流用にも見えるが専用設計となっている。縦型の特徴的なヘッドライトは、eKクロス スペースではフォグランプやウインカーを内臓。横長のレンズユニットが、ヘッドライトとなっている。eKスペース&eKクロススペース登場

 タイヤをできる限り四隅へ配置することで、SUVのような踏ん張りを感じさせるスタンスを与え、小さいボディながらも存在感あるスタイリングに仕立てられている。ボディサイズは、全長×全幅×全高(mm)が3395×1475×1780(4WDは20mm高、メーカーオプションのルーフレール装着車は20mm高)だ。ちなみに、ホンダN-BOXの2WD車は、3395×1475×1790。eKスペース&eKクロススペース登場

 一方のeKスペースは、洗練された雰囲気をもつ。シンプルながらも印象的な大型フロントグリル&ヘッドライトにより、先代モデルよりも存在感をグッと高めた。eKスペース&eKクロススペース登場

 特筆すべきは個性的なエクステリアデザインだけではない。機能性も大幅に高めている点にも注目だ。キーを持っていれば、足をかざすだけでスライドドアを開けることが可能なハンズフリーオートスライドドアを標準装備。前席とスライドドアの境目あたりにセンサーがあり、両手に荷物を持っているときなどは重宝する。eKスペース&eKクロススペース登場

 また、スライドドアの開口部は約650mmと大開口なので、乗り降りも楽に行えるのも嬉しいかぎり。この数値は先代のeKスペースと比較して95mmもアップしている。また、室内高は1400mmと、小さなお子さんなら立ったまま着替えなどが余裕でできる、広々とした空間が広がっている。eKスペース&eKクロススペース登場

 そして、後席のスライド長は320mm。先代比60mmアップで、グッと前席に引き寄せることが可能に。後席に小さなお子さんを乗せる場合などは、振り返れば手が届くのでケアしやすくなるだろう。加えて助手席にもレバーが備わっているので、簡単に前に倒すことも可能だ。eKスペース&eKクロススペース登場

画像ギャラリー