【クルマは4輪だけじゃだめ!】誰もが忘れがちな5輪目の空気圧を要チェック (2/2ページ)

大幅に空気が抜けていると使えないことも!

 スペアタイヤには二種類ある。ひとつは、純正装着されているものと同じサイズの、通称フルサイズと呼ばれるもの。もうひとつは、スペース効率を考えた薄型の緊急用タイヤで、テンパータイヤと呼ばれるものだ。いずれもトランクの奥や車両の床下、また背面などに積載されているが、気を付けなければいけないのはスペアタイヤのコンディションを保つこと。

【関連記事】いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

クルマのスペアタイヤの空気圧チェックは必要か画像はこちら

 タイヤの空気というのは、使っていなくてもわずかなすき間から日々抜けている。スペアタイヤを一度も使ったことなくとも気が付いたら使用できるレベルを下まわる空気圧まで抜けていたなんてこともある。少々空気圧が低いくらいであれば機能を果たすかもしれないが、大幅に空気が抜けていると、せっかく交換したのに車重を支えられずに、タイヤが潰れてしまうこともある。そうなっては、せっかくのスペアタイヤも役に立たたない。四輪の空気圧チェックはもちろんだが、スペアタイヤも折を見て空気圧を確かめておくと安心だ。

クルマのスペアタイヤの空気圧チェックは必要か画像はこちら

 その際、フルサイズのスペアであれば規定の空気圧になるようにしたいし、テンパータイヤは概ね420kPaという高圧にしておく必要がある。おそらく、ほとんどのクルマでスペアタイヤの空気圧は、規定値より下がってしまっているだろう。ちゃんとした定期点検に出していると、点検時にテンパータイヤの空気圧を正規に整えていることもあるが、気が付いたときにはスペアタイヤを確認して、タイヤのひび割れや空気圧といった基本メンテナンスを行なっておきたい。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報