【正当な評価をしてくれ!】クルマは最高でもライバルより売れない残念な現行車4選 (1/2ページ)

【正当な評価をしてくれ!】クルマは最高でもライバルより売れない残念な現行車4選

車両の魅力はライバルに引けを取らないのに……

 世の中には「内容を考えると、なんでこんなに売れているんだろう?」と感じるクルマがあるのと対照的に、「内容はいいのになんで売れていないんだろう」というクルマもある。そんな日本車をピックアップしてみたので紹介しよう。

1)ホンダ・ステップワゴン

 ステップワゴンはトヨタ・ヴォクシー三兄弟、日産セレナのライバルとなる、現在日本のファミリーカーの大きな柱となっている5ナンバーハイトミニバンの一角である。売れてもいいはずなのに売れない残念なクルマ

 ステップワゴンはヴォクシー三兄弟に対し劣るところはなく、セレナと比べると安全装備が劣るところはあるにしても、エンジンフィールのいい1.5リッターターボ、パワフルな2リッターハイブリッドといったパワートレイン、バックドアが跳ね上げ式に加え観音開きにもなり便利な「わくわくゲート」を備える点など、総合的に見ればこのクラスのナンバー1である。しかし2019年の販売は5台中4番手と、ちょっと振るわない。売れてもいいはずなのに売れない残念なクルマ

 理由として考えられるのはマイナーチェンジ前のモデルのスタイルがこのクラスのミニバンとしては押し出しに欠けていたことだが、マイナーチェンジ後のモデルはスパーダが「登場時のポリシーはどこに行った?」と感じるくらい押し出しのあるものとなっている。それだけにステップワゴンの販売が伸び悩んでいるのは非常に不思議なことだ。売れてもいいはずなのに売れない残念なクルマ

2)三菱アウトランダーPHEV

 ミドルクラスSUVのアウトランダーの床下に大容量バッテリーを積んだ、4WDのプラグインハイブリッドカーだ。バッテリーが満充電なら50km近く電気自動車として使え、静粛性の高さに代表される快適性や4WD性能も高い。加えてボディサイズも適度、さらに災害などの際には燃料が入っている限り給電が可能と、大変便利かつ万能なクルマである。さらに価格は約394万円から(政府補助金20万円も使える)と、内容を考えれば激安だ。売れてもいいはずなのに売れない残念なクルマ

 なのに2019年1年で約5300台しか売れておらず、実力を考えれば月に1000台、年に1万2000台くらいは売れて当然だ。アウトランダーPHEVが売れないのはやはり三菱のブランドイメージが大きく影響しているようで、これだけのクルマが埋もれたままというのは非常にもったいない。売れてもいいはずなのに売れない残念なクルマ

画像ギャラリー