トヨタが手掛けるスマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版が提供開始

トヨタが手掛けるスマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版が提供開始

提携銀行も増えて利便性アップ

 トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社が手掛ける、電子マネー決済やQRコード/バーコード決済といった複数の支払手段を搭載するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」に、先行配信されていたiOS版に加え、Android版アプリの無料提供を開始した。

 どこでも・誰でも使えるシームレスなサービスの実現に向け、将来的なモビリティ社会の基盤づくりに貢献するプラットフォームになりうると、オールトヨタの決済アプリとして開発され、2019年11月19日よりiOS向けアプリから配信されていた。

【関連記事】クルマのコネクティッド化を推し進めるトヨタがスマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」を配信

トヨタウォレットのAndroid版が配信開始画像はこちら

 今回はAndroid版の提供のみならず、3つの支払手段のうちのひとつである銀行Payに、ゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行、北海道銀行、北陸銀行の8行がパートナーとして加わった。ユーザーの銀行口座と直結しているため、店頭でのQRコード決済の際、リアルタイムで口座から支払代金が引き落とされるというものだ。

 また、「TOYOTA TS CUBIC CARD」会員は、トヨタ販売店で利用可能な3つの支払い方法のひとつ、「TOYOTA TS CUBIC Pay」を販売店店頭での利用申込を、「TOYOTA Wallet」アプリからも申込みできるようになっている。

画像ギャラリー