左によりがちな人はリスクが高い! クルマのタイヤのパンクを未然に防ぐ点検と運転方法とは (1/2ページ)

左によりがちな人はリスクが高い! クルマのタイヤのパンクを未然に防ぐ点検と運転方法とは

道の左側にパンクの原因となるモノが溜まりやすい

 タイヤのパンクというのは、わりと珍しくないトラブルのひとつだが、同じぐらいの走行距離、同じぐらいのクルマの利用頻度でも「これまでほとんどパンクなんてしたことがない」という人もいれば、「2年に1度、いや1年に1度ぐらいはパンクしている」という人まで極端な例が多い。これは運不運の問題なのだろうか? たしかに運もあるだろうが、パンクするかどうかは普段の乗り方とメンテナンスの仕方が大きく影響していると思われる。

 まず乗り方だが、クルマの4本のタイヤのうち一番パンクしやすいのは、左のリヤタイヤといわれている。なぜかというと、日本の道路は左側通行で、水はけを良くするためにかまぼこ状の左下がりになっているので、パンクの原因になる釘やネジ、金属片やガラス片が道路脇に集まりやすくなっているため。それらの異物を左フロントタイヤが踏んで後方に飛ばしたり、転がっていた釘を立てたりすることで、リヤタイヤに刺さってパンクを引き起こす例が多いのだ。

【関連記事】【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

タイヤのパンクを未然に防ぐ点検と運転方法画像はこちら

 したがって、普段から路肩、もしくは路側帯寄りのラインを走りがちな人は、よりパンクのリスクが高くなる。とくに雨の日や雨上がりは、雨水によってさまざまな異物が道路脇に流されてくるので、路肩側には近づきたくない。タイヤのためには車線内の真ん中付近を走るのが安全だ。

画像ギャラリー


新着情報