定額でトヨタ車に乗れるサブスク「KINTO ONE」に長期契約の新プランが登場

定額でトヨタ車に乗れるサブスク「KINTO ONE」に長期契約の新プランが登場

契約期間中でも手軽に違う車種へ乗り換えられるサービスも開始

 2019年にスタートしたトヨタ車のサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に、5月8日(金)より新たに5年/7年プランを追加し、オプションパッケージも拡充すると発表した。

 KINTO ONEは、頭金が不要なことに加え、車両代や任意保険(車両保険含む)、自動車税、登録諸費用、車両のメンテナンスがパッケージ化された月額サービス。任意保険が含まれているため、これからクルマに乗りたいと考えている若年層や、追加でクルマを購入しようと考えている人には魅力的なサービスといえる。店頭だけでなく、WEBでも申込みから契約までを完結できるのも魅力のひとつだ。

 2020年1月以降、ラインアップに16車種(トヨタ・レクサス)を追加したことに加え、法人契約を開始したことで申込みの累計実績は3000件以上となっている。

 このKINTO ONEに、5月8日以降追加されるのは大きく分けて3つ。まずひとつ目が、もっと長く乗り続けたいというユーザーのニーズに応えるべく、KINTO ONEのラインアップでトヨタブランドのモデルを対象に、従来の3年に加えて5年と7年のプランを新たに追加した。

 これにより、より手軽に利用できる月額料金設定となっている。ボーナス払い併用も選択可能であり、例えばヤリスでボーナス併用月(1月・7月)の加算額11万円(税込み)とした場合、3年プラン:月額2万1560円〜、5年プラン:月額1万8700円〜、7年プラン:月額1万6390円〜となる。また、3年プランは従来から設定しているメンテナンス内容に加え、タイヤ交換を追加。5年/7年プランは3年と同様のメンテナンス内容に加えて、トヨタ正規販売店における車検も含めた月額利用サービスとなっている。

【関連記事】画期的なサービス? 定額料金でクルマに乗れる「サブスクリプション」のホント

KINTO ONEに新プラン登場画像はこちら

 ふたつ目は、よりライフスタイルに合わせた最適なクルマに乗れるよう、契約期間中に別プランへ乗り換えができる「のりかえGO」の開始。これは3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは、契約から3年後以降6カ月ごとのタイミングで中途解約をした際の解約金よりもリーズナブルな手数料で乗り換えられるというもの。乗り換え対象月以外で乗り換えを希望する場合は、規定の中途解約金を支払うことで新たな契約を結ぶことは可能だ。KINTO ONEに新プラン登場画像はこちら

 そして3つ目は、従来のオプションパッケージに加えて、ディスプレイオーディオを搭載した「ディスプレイオーディオ(スマホ連携)パッケージ」、人気装備を満載した「KINTOフルパッケージ」を追加している。具体的な利用料金など詳しくは公式ホームページ(https://kinto-jp.com/)にて。

画像ギャラリー