フルモデルチェンジの必要なし? 現行トヨタ・ハリアーがライバルだらけのSUV市場でモデル末期でも売れ続けたワケ (1/2ページ)

フルモデルチェンジの必要なし? 現行トヨタ・ハリアーがライバルだらけのSUV市場でモデル末期でも売れ続けたワケ

従来型ハリアーは長期間にわたり堅調に売れてきた

 今はクルマが生活のツールになったといわれるが、カッコ良さや走りの楽しさを大切にするユーザーも多い。このようなクルマ好きから注目されるカテゴリーがSUVだ。ワイドに張り出したフェンダーや大径タイヤで、外観には迫力が伴う。高性能なエンジンや足まわりを搭載した車種も多く、スポーティな走りも楽しめる。

 その一方でSUVのボディは、ワゴンや5ドアハッチバックに準じた形状だから居住性や積載性も良好だ。つまりSUVはクルマの楽しさと実用性を両立させて、人気のカテゴリーになった。

 そして2020年4月13日に、SUVの上級車種とされるトヨタ・ハリアーのフルモデルチェンジが発表された。発売は2020年6月のため価格などの詳細は未定だが、現行トヨタRAV4と同じエンジンやプラットフォームを使って機能を進化させる。

【関連記事】あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

トヨタ・ハリアーが売れ続けたワケ画像はこちら

 ハリアーで注目されるのは、従来型が長期間にわたり堅調に売れてきたことだ。従来型の発売は2013年と古いが、2019年には1カ月平均で3000台以上を登録した。この販売実績は、同価格帯の車種ならトヨタ・クラウンやトヨタ・アルファード、SUVではミドルサイズの日産エクストレイルと同等になる。ハリアーがLサイズで売れ筋価格帯も330〜450万円に達することも考えると、息の長い人気を得た。

トヨタ・ハリアーが売れ続けたワケ画像はこちら

 従来型ハリアーが発売された2013年ごろ、トヨタではSUVのラインアップが不足していた。RAV4の発売は2005年、トヨタ・ラッシュは2006年と古い。トヨタ・ヴァンガードは2007年の発売ながら堅調に売れていたが、次第に伸び悩んでくる。トヨタ・ランドクルーザー/トヨタ・ランドクルーザープラド/トヨタFJクルーザーは、後輪駆動をベースにしたオフロードSUVだから、一般ユーザーに向けて大量に売れる車種ではない。

トヨタ・ハリアーが売れ続けたワケ画像はこちら

画像ギャラリー