【SUV乱立のなかでトヨタRAV4が大ヒットのなぜ?】世間がSUVに本当に求めているものとは (1/2ページ)

【SUV乱立のなかでトヨタRAV4が大ヒットのなぜ?】世間がSUVに本当に求めているものとは

RAV4のヒットの理由は本格指向が強まったこと!

 日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020で、栄えあるカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのが、トヨタRAV4だ。2019年春の発売以来、販売は絶好調。そんな5代目となるRAV4は、4代目がハリアーとかぶることで、日本市場への導入が見送られ(主力市場の北米では大人気を博した)、約2年8カ月ぶりの復活となったのだ。

【関連記事】トヨタRAV4だけがなぜバカ売れ? ライバルのスバル・フォレスターやホンダCR-Vに足りないものとは

世間がSUVに求めるものとは画像はこちら

 待望の復活ということもあって、新型RAV4はこのクラスとして大ヒット。発売翌月の2019年5月には、全乗用車販売ランキングでいきなりの7位。同4~9月の乗用車販売台数ランキングでも、C-HRを凌ぐ、SUV最上位の13位となっている。19年12月上旬現在で、納期はガソリン車で1~2カ月だが、ハイブリッド車は2~3カ月という人気ぶりが継続している。実際、ボクのまわりでも、都会に住む友人や雪国の友人からも、「RAV4を買いたいけれど、どのグレードがいいか?」という問い合わせが少なくない(用途、要望によって、アドベンチャーグレードか、ハイブリッドを薦めている)。

 新型RAV4は空前のクロスオーバーSUVブームのなか、初代のような乗用車感の強い都市型クロスオーバーから一転、カタログやトヨタのWEBサイトにあるように、荒野(撮影はオーストラリア)に似合う、本格クロスカントリーモデルに生まれ変わったのも大きな特徴だ。

世間がSUVに求めるものとは画像はこちら

 じつは、新型RAV4のヒットは、最低地上高が乗用車と変わらない(150mm前後)“なんちゃって”SUVを含むクロスオーバー全盛のなか、本格クロスカントリーモデルに生まれ変わったところに理由があると考えている。日本にはRAV4のカタログにある、オーストラリアの広大な荒野のような場所はなかなかないはずで、実際に極悪路を走らなくても、“本格”というキーワード、デザイン、4WD性能の高さによる信頼感が、多くの人に刺さるのではないか。つまり、クルマにこだわる人たちの本格指向が強まっているということだ。

画像ギャラリー