トヨタRAV4だけがなぜバカ売れ? ライバルのスバル・フォレスターやホンダCR-Vに足りないものとは (1/2ページ)

トヨタRAV4だけがなぜバカ売れ? ライバルのスバル・フォレスターやホンダCR-Vに足りないものとは

多くのSUVユーザーを魅了する都市型クロスオーバー

 2019年8月の乗用車販売台数ランキングで、今、人気絶大なSUVを見てみると、最上位にランクインしているのが乗用車全体で9位のトヨタRAV4(6277台)。これまで大人気だったトヨタC-HR(3608台)は17位に沈み、ホンダ・ヴェゼル(3371台)が19位、トヨタ・ハリアー(3060台)が21位、RAV4の直接的ライバルの日産エクストレイル(2184台)が22位、スバル・フォレスター(2980台)が24位、ホンダCR-Vはなんと、50位以下というありさまだ。

 そのランキングが示すように、RAV4の人気は圧倒的で、9月上旬時点での工場出荷目安はガソリン車で約2カ月、HVで約3〜4カ月。実際ボクのまわりでも、何人もがRAV4の購入を検討しているほどだ。RAV4

 RAV4は1994年に都市型クロスオーバーSUVとしてデビューし、以来、世界中の自動車メーカーが追従した、乗用車ベースのクロスオーバーモデルの先駆けだった。ただし、4代目は、北米メインの販売戦略もあって大型化し、日本国内ではハリアーと競合するため、導入を見送られた経緯がある。RAV4

 ゆえに、古くからのRAV4ファンが待ってました! とばかりに購入に走ったから売れている……と思うのは早合点。新型RAV4には多くのSUVユーザーを魅了する、ライバルにない、さまざまなセーリングポイントがある。

 まずはキャラクターだ。日本にあったRAV4は、繰り返すが都市型クロスオーバー。しかし、5代目となる新型はキャラクターを一変。オーストラリアの大自然のなかで撮影されたというカタログやTVCFのロケ地、見せ方からもわかるように、本格的なクロスカントリーモデルへと変ぼう。その思い切りタフなキャラクターがSUVファンに刺さったと思われる。RAV4

画像ギャラリー