ブラック基調でスポーティな三菱アウトランダーPHEVの特別仕様車「BLACK Edition」発売

ブラック基調でスポーティな三菱アウトランダーPHEVの特別仕様車「BLACK Edition」発売

上級モデル譲りのビルシュタインダンパーも採用

 三菱自動車は、プラグインハイブリッドSUVのアウトランダーPHEVに、ブラックのアクセントで内外装をコーディネイトした特別仕様車「BLACK Edition」を設定し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、441万3200円。

 エクステリアは、フロントグリルをブラックメッキに、前後スキッドプレートはブラックマイカ、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用し、スポーティさと精悍な雰囲気に。

アウトランダーPHEVの特別仕様車登場

 さらに、足もとはブラック塗装を施した18インチアルミホイールを採用して引き締めている。

アウトランダーPHEVの特別仕様車登場

 ボディカラーは2トーンカラーとなるチタニウムグレーメタリック×ブラックマイカ(5万5000円)、レッドダイヤモンド×ブラックマイカ(13万2000円)、ホワイトパール×ブラックマイカ(8万8000円)の3種類を設定。ルーフ部をブラック化したことで、低重心を連想させスポーティさを際立たせるデザインとした。そのほかモノトーンのブラックを含む、全4色展開とんる。

アウトランダーPHEVの特別仕様車登場

 インテリアも、エクステリア同様にブラックを基調とした。ヘッドライニングや各種トリムをブラックで統一。本革巻きステアリングや前後コンビネーションシート、メーターフードをレッドステッチとし、ピアノブラックのセレクターレバー、ブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミ製アクセル&ブレーキペダルを採用しスポーティな仕立てとした。

アウトランダーPHEVの特別仕様車登場

 そのほか、これまで上級モデルのS Editionのみ設定されていたビルシュタイン製ショックアブソーバーをこの特別仕様車にも採用。高い操縦性と上質な乗り心地を両立させている点にも注目だ。

アウトランダーPHEVの特別仕様車登場

画像ギャラリー