とくに小型車で顕著! いま国産メーカーがMT車のライアンアップを増やしているワケ (1/2ページ)

とくに小型車で顕著! いま国産メーカーがMT車のライアンアップを増やしているワケ

新車として売られているクルマのほとんどはAT車

 いま、新車として売られるクルマの98%がAT車だ。販売ランキングの上位に入るホンダN-BOX、ダイハツ・タント、トヨタ・プリウスなどは、MT(マニュアルトランスミッション)を選べず、ATが多数を占める。

 それなのにMTは、関心が意外に高く話題になる。これを示すデータがAT限定免許の比率だ。2019年に第1種普通運転免許を取得した人のうち、AT限定は67%だった。残りの33%はMTも運転できる免許を取得している。仕事で商用車を運転するとか、念のためにAT限定を避ける人も含まれるが、MTを選ぶ可能性も残している。

 そして最近は、MTを選べる車種が徐々に増えてきた。マツダは積極的で、OEM車を除くと、CX-8以外の全車に6速MTを用意した。トヨタもスポーツカーの86のほかに、ヤリス、C-HR、カローラでも6速MTを選べる。日産はスポーツカーのフェアレディZに加えてノートやマーチのNISMO S、スズキスイフトは、スポーツのほかにノーマルエンジンのRS、アルトワークスにも5速MTがある。少数派ではあるが、コンパクトで割安な車種にMTが設定されている。

現行車のMT比率

画像ギャラリー