「シルエイティ」など昔はお馴染みだった「顔面スワップ」! イマドキのクルマでも可能? (1/2ページ)

「シルエイティ」など昔はお馴染みだった「顔面スワップ」! イマドキのクルマでも可能?

最近のクルマでも顔面スワップはできる

 クルマの顔ともいえる、ヘッドライトやグリル、パンパーなどを他車から流用するカスタマイズのことを、「顔面スワップ」という。

 ひと昔前に、日産の180SXにS13型シルビアの顔を移植した“シルエイティ”(その反対の“ワンビア”)などが流行ったが、いまのクルマでもやろうと思えばけっこうできる。

【関連記事】合法カスタマイズなのに拒否されることも! 正規ディーラーに入庫できない改造車の条件とは

顔面スワップは最近のクルマでも可能か画像はこちら

 例えば、日産のR35GT-Rのフェイスを、M35ステージアに移植したり、トヨタの86にBRZの顔、あるいはその反対とか、200系ハイエースの3型に4型のフェイスに移植するといったのもある。

顔面スワップは最近のクルマでも可能か画像はこちら

 また、2019年にトヨタが、田原工場40周年記念に製作して話題となった、ランドクルーザー・プラド(3ドア)に、新型のレクサス「GX」の顔をフェイスリフトした一台も記憶に新しい(このクルマはパワートレインもレクサス「RC F」の5.0リッターV型8気エンジンとミッションを移植)。

画像ギャラリー