新型アウディQ3が8月19日に発売! SUV初となるスポーツバックも設定

新型アウディQ3が8月19日に発売! SUV初となるスポーツバックも設定

エンジンはガソリンとディーゼルの2タイプを設定

 アウディ ジャパンは、新型アウディQ3ならびにQ3スポーツバックを発表し、8月19日(水)より発売する。Q3は8年ぶりのモデルチェンジで2代目へ進化、Q3スポーツバックはアウディ初となるコンパクトクロスオーバーSUVとして、ラインアップへ加わる。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 エクステリアは、最新のアウディSUVモデルのデザインが与えられている。特徴的なフロントグリルは、Qシリーズ専用にデザインされているオクタゴン・シングルフレームグリルを採用。加えてシャープな印象のLEDヘッドライト、大型のエアインレットなどを採用したフロントバンパーによってスポーティさを際立たせたデザインとなっている。

 さらに、前後はブリスターフェンダー化し、彫りの深いサイドのロワーラインなどが相まって、SUVらしい力強いスタイリングを実現した。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 そして、注目のQ3スポーツバックは、ベースとなるQ3よりも全高は約4.5cm低いスタイリングが特徴的な、アウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV「Q3スポーツバック」だろう。ルーフラインが後方へ大きく傾斜しているため、Q3よりも長く見えるが実際は約10mmに留まっているという。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 インテリアも個性的だ。オクタゴン・シングルフレームグリルをモチーフにしたインパネを採用。上級モデルにも設定されている、10.25インチの大型フル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスターやタッチスクリーンを備えるMMIを搭載。近未来な雰囲気とデジタル体験が用意されている。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 どちらも約4.5mという全長だが、旧型よりも約75mm長くなったホイールベースのおかげで広々とした居住空間が広がる。後席のヘッドクリアランスも、先代比で7mm拡大しており、快適なドライブを楽しめる。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 ラゲッジルームは後席を起こした通常時、先代よりも70L拡大した530Lというクラストップの容量をもつ。前後スライドやリクライニングが可能な後席を格納すれば、最大で1525Lまで広のは(スポーツバックは1400L)。フロアボードの高さは変更可能、そしてフロア下にリヤパーセルシェルフ格納できるなど、さまざまなアレンジが可能となっている。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

 搭載するパワートレインは、従来の1.4 TFSIを改良した、最高出力150馬力/最大トルク250N・mを発揮する新開発の1.5 TFSIと、最高出力150馬力・最大トルク350N・mを発揮するクリーンディーゼルの2.0 TDIの2種類を用意している。どちらも素早い変速を可能にする7速Sトロニックを組み合わせる。また、ディーゼルエンジンは高いトルクを確実に路面へ伝える、フルタイム4輪駆動システム・クワトロを採用した。

 もちろん、安全装備も抜かりはない。10km/h以上で走行中に歩行者もしくは先行車に衝突するかもしれないと判断した場合に、警告と衝突被害軽減ブレーキを作動させて衝突回避をサポートするアウディ・プレセンスフロントを標準装備。また、360度を見渡せるサラウンドビューカメラも標準搭載し、駐車時や取り回しの悪い道路を走行する際などに役立つ機能だ。

 2モデルのラインアップと車両本体価格(税込み)は下記の通り。

アウディQ3とQ3スポーツバックが登場

画像ギャラリー