予約受注は7月末まで! 筑波最速を記録した日産GT-RニスモMY20の精密モデルに注目

予約受注は7月末まで! 筑波最速を記録した日産GT-RニスモMY20の精密モデルに注目

先着限定で松田次生氏のサイン入り専用プレートも付属!

 日産スカイラインGT-Rをはじめ、国産名車の精密エンジンスケールモデルやLEDディスプレイなどを手掛ける日下エンジニアリング。モデルカーとエンジンスケールモデルがセットになった人気シリーズ「マスターズ・シリーズ」の最新作として、「NISSAN GT-R NISMO 2020 Master’s Tsukuba Time Attack 2019」を限定でリリースした。好評につき、7月末まで予約受注を行っている。11万円(税込み)。

【関連記事】【CARトップTV】驚異の59秒361を記録! 日産GT-Rニスモ2020年モデルの筑波アタックに密着

日下エンジニアリングの日産GT-Rニスモ2020年モデル筑波最速モデルのミニチュア発売画像はこちら

 マスターズシリーズは、精巧に仕立てられた18分の1スケールのモデルカーと、6分の1スケールのエンジンモデルをセットにした、コレクターズアイテム。エンジンモデルは、これまで多数の名機を手掛けてきた日下エンジニアリングが担当。モデルカーは、精巧な作り込みでファンも唸るアイテムを多数ラインアップするメイクアップが製作する。

 今回モデル化されたのは、交通タイムス社が行った、茨城県・筑波サーキットでのタイムアタックで市販量産車最速タイムを記録した、日産GT-Rニスモ 2020年モデル。徹底的に軽量化され、新たにダクトが設けられたフロントフェンダー、カーボンルーフやカーボンブレーキなどが与えられている。

 このテストの際、最速タイムを記録するための気合いとも思える、個性的なボディグラフィックが採用されているが、モデルカーでもきっちりと再現。ナンバー付き車両でのアタックということもあり、テスト車と同じナンバープレートまで再現するというこだわりっぷりだ。

日下エンジニアリングの日産GT-Rニスモ2020年モデル筑波最速モデルのミニチュア発売画像はこちら

 チタンマフラーの焼け具合や、エンジン本体の配管の取り回しなど、ビッグスケールならでは細部までこだわった仕上がりはモデルカー好きも納得の仕上がり。カーボン調の専用台座にマウントされるので、そのまま飾っておけるのも嬉しいかぎり。

日下エンジニアリングの日産GT-Rニスモ2020年モデル筑波最速モデルのミニチュア発売画像はこちら

 また、台座にはマシンスペックやタイムなども刻印されたスペシャルプレートが付属している。偉業を達成したモデルであることを感じさせるアイテムも、特別モデルであることを感じさせる。

日下エンジニアリングの日産GT-Rニスモ2020年モデル筑波最速モデルのミニチュア発売画像はこちら

 そして、先着35名限定で、実際のGT-Rをドライブした日産ワークスドライバーである松田次生選手の直筆サイン入り専用スタンドプレートも付属する。もちろん、このスペシャルモデルも日産のオフィシャルライセンス商品。ぜひ、GT-Rニスモ2020年モデルオーナーはもちろん、GT-Rファンはコレクションに加えてみてはいかがだろうか。

日下エンジニアリングの日産GT-Rニスモ2020年モデル筑波最速モデルのミニチュア発売画像はこちら

■台座&アクリルケース:幅450mm×奥行き380mm×高さ(ケース高)200mm
■付属品:ウォールナット高級台座(表面はカーボン調シート張り)、日本製高級アクリルケース
■先着35名限定特別付属品:松田次生選手、直筆サイン入り専用プレート(縦160mm×横110mm)、記念プレート(台座)

画像ギャラリー