いまや実用車でも「18インチ」は当たり前! それでも16インチの3〜4倍と「大径タイヤ」が安くならないワケ (1/2ページ)

いまや実用車でも「18インチ」は当たり前! それでも16インチの3〜4倍と「大径タイヤ」が安くならないワケ

18インチはかつてはスーパーカーの代名詞ともいえるサイズ

 国産車が18インチ以上のタイヤサイズを純正採用するようになって、すでに久しい。18インチタイヤといえば、かつては憧れの大径ホイールとして羨望の眼差しを集めたサイズで、フェラーリ360モデナや997型ポルシェ911ターボなど、20年ほど前はスーパーカーが履いていたものだ。世界最高峰のモータースポーツのひとつであるWRC(世界ラリー選手権)では、1994年のツール・ド・コルスで、グループAのスバル・インプレッサが18インチを装着したことが大きな話題となるなど、競技の場でも特別なサイズとして認識されていた。

【関連記事】いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

1994年のツール・ド・コルスを走ったインプレッサ画像はこちら

 18インチ以上の大径タイヤは一部の高性能車に装着されるスペシャルなサイズゆえ、値段が高いのも致し方ないとされていた。しかしときは流れ、今やジャンルを問わずスポーティさを訴求する車種のほとんどで普通に採用されるサイズとなっている。

 国産車では、ホンダ・シビックタイプR(FD型)や、3代目インプレッサWRX STIなど、2007年頃から400万円以下のスポーツモデルでも18インチタイヤの標準化が進み、右肩上がりで普及。現行型インプレッサスポーツや先代アクセラスポーツなど、NA2リッター級エンジンを積む実用車でも採用されることが珍しくなくなった。

FD型シビックタイプR画像はこちら

 かつては特別なサイズだった18インチ以上のタイヤも、これほどまでに普及が進み、生産/流通数も多くなったのだから、値段もグッと安くなって然るべきと思ってしまうが、18インチ以上のタイヤは依然として高額だ。銘柄にもよるが、16インチサイズと比較すると3~4倍は高い価格設定となっている。

画像ギャラリー


新着情報