日産エクストレイルが一部仕様変更! 内外装に手を加えつつ操作性も向上

日産エクストレイルが一部仕様変更! 内外装に手を加えつつ操作性も向上

AUTECHやエクストリーマーXも独自の改良が施された

 日産自動車は、本格SUV「エクストレイル」を一部仕様変更し11月5日(木)より発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は、248万2700円〜382万2500円。

 今回の仕様変更では、内外装に手を加えてより力強い雰囲気と高い質感を与えている。外装はフロントグリル、前後バンパー下部、ドアロアモール、バックドアフィニッシャーをダーククローム化(20S Vセレクション/20S HYBRID 4WDは除く)。アウトドアハンドルは外装色と同色としたことでスタイリッシュな雰囲気としている。

【関連記事】【1口に4WDといっても2つの素姓がある!】FFベースとFRベースの違いをレーシングドライバーが解説

新しくなった日産エクストレイルの外観画像はこちら

 また、アルミホイールは全車ダークカラーとしたことで、上質感をプラスしたルックスに仕立てられている。本格SUVの性能ももちながら、都会にも似合う雰囲気に生まれ変わった。

 インテリアは、20S Vセレクションを除いて運転席・助手席にパワーシートを標準装備。さらに、本革巻きマニュアルモード付きシフトノブを全車に標準装備した。室内の質感向上はもちろん、マニュアルモードが設定されたことで、快適性やワインディングなどでの気持ちいい走りに貢献してくれる。

新しくなった日産エクストレイルのインテリア画像はこちら

 そのほか、20Xiレザーエディション、20Xiレザーエディション Vセレクション、20Xi HYBRIDレザーエディションはオプションとしてブラックレザーシートも設定され、好みに合わせて選択可能だ。同時に4WDガソリン車においては、全グレードを特別仕様車「Vセレクション」に変更。今回の仕様向上と合わせてお得な仕様になっている。

 同時に、カスタムカー仕様のAUTECHならびにエクストリーマーXもベース車同様の仕様変更が施されている。さらにAUTECHでは、イメージカラーであるブルーのステッチをシフトブーツを採用した。

スタイリッシュなエクストレイルAUTECHも進化画像はこちら

 エクストリーマーXはベースグレード同様の改良に加え、本格SUVのタフさを際立たせる、漆黒のフロントグリルを採用。そのほかにも、ボディ下部のパーツやアウトサイドドアハンドルを、アルミホイールと同様のグロスブラックとしたことで精悍さを高めている。

 各車のメーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

新型エクストレイルの価格表画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報