日産エルグランドがマイナーチェンジ! 内外装の意匠変更で高級感を高めた

日産エルグランドがマイナーチェンジ! 内外装の意匠変更で高級感を高めた

安全装備充実で安心度がさらにアップ

 日産自動車は、プレミアムクラスミニバン「エルグランド」をマイナーチェンジし発売した。今回の改良では外観変更と安全装備の充実が図られている。

 まず注目したいのがエクステリアデザインだ。新意匠となるフロントグリルを採用。精悍な印象のブラッククロームと、高級感漂うサテンクロームの2色をラインアプしている。なお、ブラッククロームはアーバンクロム専用となる。ボディカラーは、日産として新色となるピュアホワイトパール、ミッドナイトブラック、ディープクリムゾンをはじめ、2トーンを含む全5色を用意。

【関連記事】日産エルグランド改良モデルの先行情報公開! 待望のAUTECHも登場

新しくなったエルグランドのリヤビュー画像はこちら

 インテリアにも手を加えている。インパネからドアトリムに向かって水平基調に仕立てたことで、よりワイドな印象を与えている。その中央には10インチの大型ディスプレイが設置され、先進的なインテリアとなっている。

 また、インパネの雰囲気に合わせてシートは連続したキルティングパターンに変更。より高級感溢れる室内へと生まれ変わった。後席はリラックスした姿勢を維持できるよう、シートバック中折れ機構を備えたキャプテンシートを採用。また、角度調節が可能なアームレスト、折りたたみ式シートサイドテーブル、大型オットマンなども装備したことで快適な移動を楽しむことが可能だ。

 また、安全装備の充実も図られている。新たに前方を走行する2台前の車両を検知、急減速などで自車の回避操作が必要と車両が判断した場合、警報によってドライバーへ注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を採用。そのほかにも、車線変更などの際、自車の隣接レーン後側方を走行する車両との接触を回避するようステアリング操作支援を行うインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」や、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)などといった先進安全技術を標準装備とした。

安全装備の作動イメージ画像はこちら

 加えて標識検知機能に進入禁止標識検知を追加したほか、最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能も追加した。なお、エルグランドは全車においてセーフティ・サポートカーS<ワイド>該当車となる。

メーター内表示画像はこちら

 希望小売価格(税込み)は下記の通り。

エルグランドの価格表画像はこちら

画像ギャラリー