補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選 (1/2ページ)

補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選

やはり紫外線は人の肌同様に塗装にも悪影響がある

 ボディカラーというのは、クルマやそのオーナーの個性を表現する重要なポイントだ。もちろん自由に好みで選べばいいのだが、美しさを長持ちさせるには、色によって特性というか気をつけないといけないポイントがある。昨今は複雑な色味も増えてきてひとくくりにできないこともあったりするが、基本的な話として整理してみた。

1)キズが目立つ色

 キズが目立つのは黒や濃紺、赤のような、濃い色。とくに細かいスリ傷や洗車キズなどが付くと白く見えるものは目立ってしまう。逆に目立たないのは白などの明るい色となる。

【関連記事】じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

色の濃いクルマ画像はこちら

2)洗車などの手入れが楽な色

 水アカが目立たないという点では濃色のほうがいいが、すでに紹介したようにキズが目立ちやすいので洗車時は気を使う。明るいブルーやシルバーなどの中間色が有利になる。

シルバーカラーのクルマ画像はこちら

3)屋外駐車する場合

 キズは付きやすいし、雨による水アカが目立ちやすいので、屋外駐車というのは基本的にボディカラーを問わず厳しい。太陽光、つまり紫外線による劣化という点では、光りを跳ね返すシルバーなど、明るいものが有利だ。また炎天下でボディ自体が熱を持ってしまうという点でも明るいものがよく、黒などの濃いのは不利。ちなみにプリウスに採用されている緑は、その名も「サーモテクトライムグリーン」と呼ばれ、世界初の遮熱機能を持つボディカラーである。

プリウスのグリーン画像はこちら

4)色あせしにくいのは?

 こちらも屋外駐車と同じようなポイントになるが、色あせ=紫外線の影響を受けやすいボディカラーとなる。ただ、赤については特性的に紫外線によって一番退色しやすい色なので、駐車環境などによっては避けたほうがいいかもしれない。

赤いボディカラーのシビックタイプR画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報