Go To時代の最適な選択! 「小さく」て「省燃費」なのに長距離移動が快適なファミリーカー5選 (1/2ページ)

Go To時代の最適な選択! 「小さく」て「省燃費」なのに長距離移動が快適なファミリーカー5選

長距離走行が当たり前のヨーロッパで人気な国産車も存在!

 国をあげての経済活性化大作戦、Go toキャンペーンがスタートしてから、あちこちの高速道路は休日ともなれば大渋滞が発生し、観光地に人混みが戻ってきています。宿泊代が安くなるなら、いつもはなかなか行かないような、ちょっと遠くまで足をのばしてみようかな、なんて長距離ドライブを考えている人も多いかもしれないですね。

 また、いままではカーシェアやレンタカーですませていたけれど、普段からクルマ移動が増えてきて、それならばとマイカー購入を検討しているファミリーも増えているようです。毎日の買い物や送り迎えには、狭い道でも運転しやすい軽自動車やコンパクトカーがいいけれど、Go toを使ってロングドライブも楽しみたい。そんな人たちにぴったりな、ボディサイズは小さくても、長距離運転が苦にならない快適性を持ち、燃費も優秀な軽自動車&コンパクトカーたちをご紹介したいと思います。

1)ホンダ・フィット

 まず1台目は、今年フルモデルチェンジしたばかりのホンダ・フィット。1.5リッターのガソリンとハイブリッドがあり、ハイブリッドは2モーターの新システム「e:HEV」が搭載されて、パワフルなのに低燃費、その上とても静かで上質感までかなりアップしています。室内は後席までコンパクトカー随一の広さと心地よさを誇り、ファミリーユースもバッチリ。とくに、フロントガラスを極限まで大きく取り、独自の技術で実現したパノラマ視界は、ビギナーさんでもリラックスして運転しやすいのも魅力です。

フィットの走り画像はこちら

 そんなフィットは、外からは見えない部分のボディの作りが、従来のコンパクトカーと比較しても信じられないくらい、これでもかと丁寧に隙間なく溶接されていて、レーシングカーを作るために軽量化しようとしたチューニングショップのメカニックさんも驚愕していたほどでした。それゆえ、長距離を運転しても疲れにくく、安定感が高くて乗り心地も良いのですね。シートも贅沢なほど快適性を重視した構造になっていて、オススメです。

フィットの剛性画像はこちら

2)マツダMAZDA2

 2台目は、マイナーチェンジをして名前がデミオからMAZDA2に変わっただけでなく、じつは見えない部分が飛躍的に進化したマツダのエントリーモデル。デザインもよく見るとモダンで存在感も強まっているのですが、それ以上に驚いたのはまず、アクセルペダルを踏んだと同時にスッと加速が伸びていくリニアな感覚。1.5リッター直4エンジン+6速ATという組み合わせは変わっていないのに、制御が改良されているのです。

MAZDA2の走り画像はこちら

 そして、サスペンションが変更されていて、高速道路の継ぎ目を乗り越える際など、明らかに振動が抑えられていたり、シートも内部の細かいバネ定数が変更され、高減衰ウレタンを採用していたり、中身は別モノと言っていいほど。さすが、長距離走行が当たり前のヨーロッパで人気なのも納得です。

MAZDA2のリヤ画像はこちら

画像ギャラリー