コロナ打撃からいち早く立ち直った新車販売! 年末が「お買い得」な理由と驚きの「狙い目」車種 (1/2ページ)

コロナ打撃からいち早く立ち直った新車販売! 年末が「お買い得」な理由と驚きの「狙い目」車種

販売の落ち込みから一転し今では売上が好調!

 新型コロナウイルス感染拡大による全国的な緊急事態宣言の発出もあり、2020年4月と5月の新車販売台数はまさにボロボロであった。しかし、6月以降業界関係者の予想を良い意味で裏切るように、新車販売は急速な回復傾向を見せている。

 自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2020事業年度締め上半期(4月~9月)の、軽自動車も含む新車販売台数は503万8648台となり、2019年同期比で95.8%にまで回復している。月別でも4月以降は前年同期比で100%以上とはなっていないが、これは法人向けなどのフリート販売が足を引っ張っているようなので、小売りレベルでは“完全復活”というか、販売現場ではそれ以上という受けとめ方をしているようだ。

ディーラーイメージ

 現場のセールスマンは「9月以降はまさに“イケイケドンドン”状態ですね。10月の販売目標台数は、その前月で年度締め上半期末となり派手に半期決算セールを展開した9月を上まわる目標台数へ上方修正されました」とは現場のセールスマン。

 業界事情通は「春先の新型コロナウイルス感染拡大第一波のときの落ち込みもあったので、年初に確約した目標販売台数達成はまず困難と考えていましたが、目標販売台数を上方修正して、取り戻そうとしている動きがあるということはそれだけ市場の回復レベルがいいという証拠ともいえます」と語ってくれた。

ディーラー商談イメージ

 今回の新型コロナウイルス感染拡大は、地震などの自然災害に比べれば職種などにより、そのダメージの落差に大きな開きがあるといっていいだろう。テレビニュースなどでは、ホテルや貸切バス事業者などの観光業や、飲食店、航空業界などかなり深刻なダメージを受けている業種がクローズアップされているが、“コロナバブル”のような特需となっている業種もあるし、そもそも「生活に大きな変化がない」というひとも珍しくない。新型コロナウイルス感染拡大が貧富の差を拡大させているというのは紛れもない事実となっているのは間違いないだろう。

画像ギャラリー