全グレードに後側方&後退時車両検知警報を標準装備! 三菱アウトランダーPHEVが一部改良を実施

全グレードに後側方&後退時車両検知警報を標準装備! 三菱アウトランダーPHEVが一部改良を実施

人気の特別仕様車も継続設定される

 三菱自動車は、プラグインハイブリッドSUVの先駆け的存在のアウトランダーPHEVを一部改良。グレード体系も見直して発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、436万4800円〜529万4300円。

 これまでの5グレードから、「S Edition」「G Premium Package」「」G Plus Package」「G」の4グレード体系に見直されている。なお、好評だった特別仕様車の「BLACK Edition」も継続販売されることになっている。

【関連記事】【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.7 三菱アウトランダーPHEV編

アウトランダーPHEVのフロント7:3画像はこちら

 また、今回の改良によってS EditionならびにG Premium Packageに標準装備となっていた予防安全技術「e-Assist」の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)と、後退時車両検知警報システムを全車に標準装備とした。ドライバーの負担軽減に大きく貢献してくれる機能が全グレードに採用されたことで、より多くのユーザーが安全かつ快適なドライブを楽しめるようになった。

各グレードのメーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
G 436万4800円
G Plus Package 463万7600円
G Premium Package 499万1800円
S Edition 529万4300円
BLACK Edition 446万8200円

画像ギャラリー


新着情報