オシャレとエコ極まれり! EVのロンドンタクシーTXが「運転」しても「乗客」でも楽しかった【試乗】 (1/3ページ)

オシャレとエコ極まれり! EVのロンドンタクシーTXが「運転」しても「乗客」でも楽しかった【試乗】

航続距離は最大で600kmに達する

 ロンドンタクシーは2019年で70年の歴史を持つ、イギリスの風物詩ともいえる、ニューヨークのイエローキャブに対してブラックキャブと呼ばれるタクシー車両だ。ロンドンを観光などで訪れたことがあるなら、1度はお世話になった移動手段だろう。

ロンドンタクシーTXのフロントスタイリング画像はこちら

 そんなロンドンタクシーも、世界的なクルマの電動化のトレンドは無視できない。日本においてLEVC Japanが発売したロンドンタクシーTXは、人はもちろん、環境にもやさしいレンジエクステンダーの電動車。ロンドンタクシーは以前、LTI(London Taxi International)社で製造されていたが、現在は社名を変更。ボルボやロータスを傘下に収める中国の自動車メーカー、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)の傘下となったLEVC(London EV Company)で生産されている。

ロンドンタクシーTXのリヤスタイリング画像はこちら

 骨格にアルミ、ボディスキンに樹脂を用いたボディはデカい。全長4855×全幅2036×全高1880mm、ホイールベース2985mmと、日本車で言えばアルファードに近く、より幅広い、低い。とはいえ、全高の高さ=室内高の高さ(実測約1500mm:ガラスルーフ部分/アルファードはカタログ値1400mm)は、山高帽をかぶったイギリス紳士がスマートに無理なく乗れるためというのは、周知のとおりだ。

ロンドンタクシーTXの真横スタイリング画像はこちら

 車重は2310kgという巨漢である。駆動方式はFR(後輪駆動)、乗客は最大6人乗りで(対面式)、ドライバーを含め7人乗りとなる。助手席を含めないのは、ロンドンタクシーの助手席は荷物専用スペースとなるからだ(リヤにトランクスペースはない)。

ロンドンタクシーTXの助手席部分荷物スペース画像はこちら

 ロンドンタクシーは現在、ボルボと同じグループに属していることから、レンジエクステンダーの1.5リッター、64kw/4000rpmのターボエンジンはボルボ製。スタータースイッチ、ディスプレイなども、見慣れたボルボ製である。

ロンドンタクシーTXのインストゥルメントパネル画像はこちら

 ロンドンタクシーTXのリチウムイオンバッテリーは31kWh。先代日産リーフの後期、大容量バッテリー搭載モデルと同等だ。モーター最高出力120kWh、モーター最大トルク255Nm、エンジン最高出力91ps、最大トルク16.3kg-m。EV走行距離は公称130km。30リットルのガソリンが入るエンジンと組み合わせたレンジエクステンダーとしての航続距離は最大約600kmと説明される。

ロンドンタクシーTXのエンジンルーム画像はこちら

画像ギャラリー