大型免許はあるけどイキナリ公道はムリ! トラックやバスの運転手になるならドコで練習する? (1/2ページ)

大型免許はあるけどイキナリ公道はムリ! トラックやバスの運転手になるならドコで練習する?

まともな会社では同乗研修がある

 大型免許を取得して、大型トラックに乗る。さらに大型二種や牽引も取ればバスやトレーラーも運転できる。ちょっとしたロマンだと思いつつも、現実として考えるといきなり公道で運転するのはかなり厳しい。普通車ならサイズも小さいので、クルマ通りの少ない道で知り合いにでも横に乗ってもらって練習はできるけど、大型は練習のための車両も場所もない。では、現役で運転している方々はどこで練習していて、ひとり立ちしたのだろうか。

【関連記事】【コストにシビアな運送業界なのになぜ!?】最近のトラックが鉄チンではなく価格の高いアルミホイールを履く理由

大型車の公道運転画像はこちら

 業界の慣習としてあるのが、免許はもっているけど経験浅や未経験の場合。またその会社の仕事内容に慣れるまでも含めて、最初はいきなりひとりで運転することはないというのがある。期間はそれぞれだが、先輩の横に乗る同乗研修があるのが一般的だ。不況かつ運転手不足の昨今、ほとんど同乗研修がない会社もあるようだが、命や大切な荷物を預かるだけに、そういったところは避けたほうがいい。

 ここで実地での運転の仕方を覚えたり、運転がある程度できたとしても、荷受け先、配送先での流れについて学んでいく。そのうえで慣れてきたら、逆に横に乗ってもらって運転をしてみることもする。もちろん車両は会社にあるのでそれを使う。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報