南仏の青い空や海をイメージしたルノー・カングー「ペイサージュ」が200台限定発売

南仏の青い空や海をイメージしたルノー・カングー「ペイサージュ」が200台限定発売

南仏のバカンス地を象徴する青を再現

 ルノー・ジャポンは、人気のカングーに特別なボディカラーを採用した限定車「ペイサージュ」を設定。11月19日より200台限定で発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、264万7000円。

カングーペイサージュのボディサイド画像はこちら

 広々とした室内空間やラゲッジルーム、数多くの収納スペースなどユーティリティ性能の高さが人気のカングー。今回設定されたペイサージュは、2019年に発売された限定車に採用したボディカラーが好評だったため、復刻されることになった。

カングーペイサージュのフロントスタイリング画像はこちら

 南仏の美しい街、サントロペ。バカンスを楽しむために多くの人が訪れるという。その爽やかな青空や青く澄み切った海などが、訪れる人たちを魅了している。そんな美しい青をイメージしたボディカラーが、今回設定される「ブルー ドラジェ」である。

 専用ボディカラーのほか、ボディ同色のフロントグリルブレード、前後ブラックバンパー、ブラックドアミラーを装備し、ブルーとブラックのコントラストがオシャレな仕様に仕立てられている。

ペイサージュのフロントマスク画像はこちら

画像ギャラリー