競技車両の売買をサポートする画期的なサービス「TGR TRADE」がスタート!

noteで書く
競技車両の売買をサポートする画期的なサービス「TGR TRADE」がスタート!

これまで注いできた情熱を引き継げる画期的なサービス

 トヨタ自動車と中古車の個人間売買マーケットプレイス「Ancar」を提供するAncar社は、競技用車両を個人間売買できるサービス「TGR TRADE」のトライアルを開始した。

【関連記事】【今さら聞けない】レースをやってみたい……どうやれば出られるの?

TGR TRADEのイメージカット画像はこちら

 現在、ナンバー付き車両を用いて手軽に参加できるモータースポーツも増え、注目を集めている。しかし、参加者は自身がこれまでともに戦った車両を手放したいとき、どこで売却したらいいのかわからない、そしてこれから参戦したいと思っているひとはどこで競技車両を購入したらいいのかわからない、という声が多かった。今回のTGR TRADEは、そんな双方の声に応えるべくスタートした。

 これまでチューニングカーや競技車両は、買取査定ではほとんどの場合価値が認められず、可能な限りノーマル状態に戻して売却するという手間があった。しかし、こののTGR TRADEでは、愛情を注いできたクルマを、情熱を持っているひとに引き継げるというサービスとなっている。

 出品方法はおもにふたつ。ひとつはメインとなる自身で写真撮影しサイト内に掲載し、直接購入希望者と交渉できるセルフ出品だ。自宅にクルマを置いておきながら、WEB上で売買を成立できるため、手軽に利用することが可能だ。成約時には利用料が発生するが、出品料は0円となっている。売りたい金額や時期、売却相手も選ぶことができるので、確実に大事にしてくれるひとへ引き継げるというメリットもある。

セルフ出品のイメージ画像はこちら

 もうひとつは、GR Garageにクルマを預けて掲載から交渉まで代行してもらうガレージ出品だ。車両の状態や車種によっては取り扱えない場合もあるが、車両をGR Garageに持ち込み出品売買作業をすべておまかせできる。個人間売買が不成立となってしまった場合でも、買取を保証してくれるので安心だ。

代理出品のイメージ画像はこちら

 GR Garageでは売買代行のみならず、個人間売買特有の車両状態に関する不安を払拭するため、納車や点検なども実施することが可能。まずはGR Garage水戸インターからサービスを開始する。今後、同様のサービスが全国でも提供できるように協力店舗を継続的に募っていくという。

GRガレージ水戸インター画像はこちら

 86やヴィッツなどトヨタ車だけでなく、他メーカーも条件を満たせば出品可能。ステップアップしたいので今の愛車を手放したい、手軽に参戦したいので今すぐ走れる車両を購入したい。双方のニーズに応える、これまでにありそうでなかった画期的な個人間売買サービスと言えるだろう。

TGR TRADEホームページ
https://www.ancar.jp/grtrade/

画像ギャラリー


新着情報