レース直系アイテムを装備したアバルトの限定車「695アンノデルトーロ」が20台限定で発売

レース直系アイテムを装備したアバルトの限定車「695アンノデルトーロ」が20台限定で発売

レーシングカーのような大型ウイングが迫力満点!

 FCAジャパンは、刺激的な走りでファンを魅了するアバルトの高性能モデル「595コンペティツィオーネ」の左ハンドル・マニュアル仕様をベースにした限定車「695アンノデルトーロ」を設定。1月14日より特設サイトにて予約受付を開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は429万円。

 アンノデルトーロは、イタリア語で「丑年」を表す言葉。エクステリアでの注目ポイントは、大型のリヤルーフスポイラーだろう。これは60年代に誕生した、フィアット600をベースにしたコンペティションモデル「フィアット・アバルト1000TCR」にインスピレーションを受け、現代風にアレンジしたもの。可変式となっており、最大60度まで調整可能となっている。

【関連記事】【意外と知らない】124スパイダーで話題の「アバルト」ってなに?

大型リヤウイング画像はこちら

 ボディカラーは、限定車専用となるBlu Podio(ブルー)を採用。ルーフにはチェッカードパターンが施される。加えてオーバーフェンダーやサイドシルはグレーとなっており、コンペティションモデルの雰囲気をプラスしている。また、前後エンブレムおよびホイールセンターキャップ、ステアリングにはビンテージタイプのロゴバッジが採用された。

チェッカード柄のルーフ画像はこちら

 足まわりは、17インチの12スポークアルミホイールを装着。さらに、フロントへメカニカルLSDを採用したことで、運動性能をアップさせている点も見逃せない。サーキットでも気持ちいい走りを楽しめる695アンノデルトーロは20台限定モデルで、応募者多数となった場合は抽選となる。

サイドビュー画像はこちら

画像ギャラリー