全車300馬力に! ルノー・メガーヌR.S.の走りを進化させた新型モデル登場

全車300馬力に! ルノー・メガーヌR.S.の走りを進化させた新型モデル登場

運動性能はもちろん安全性も高めて熟成

 ルノー・ジャポンは、刺激的な走りを楽しめるスポーツモデル「メガーヌR.S.」ならびに「メガーヌR.S.トロフィー」の改良モデルを発表。3月4日(木)より発売する。

【関連記事】【ムービー】刺激度アップのルノー・メガーヌR.S.トロフィーを筑波サーキットで全開試乗!

メガーヌR.S.トロフィーのイメージ画像はこちら

 まず、ベースとなるメガーヌR.S.は、トロフィーと同じ最高出力となる300馬力/最大トルク420N・mにパワーアップ。排気量は1.8リッターの直噴ターボで、F1マシンにも採用されるセラミックボールベアリングシステムを搭載する。従来のスチール製に対し、摩擦が3分の1に低減することでレスポンスアップが図られている。

 エキゾーストにはエンジンサウンドをコントロールできるアクティブバルブ付きスポーツエキゾーストが採用されている。日常生活では排気音を抑え、ワインディングやサーキットなどでは迫力あるサウンドを楽しみながら、エンジンの性能をフルに発揮することができる。

 よりスポーティな仕立てのトロフィーには、これまでEDC(AT)のみに採用されていたローンチコントロールを6速MT仕様にも採用。サーキットでの強烈な加速を味わえる機能だ。また、R.S.とR.S.トロフィー共通の変更点として、4コントロールなど車両制御の設定を細かく変更できるルノー・マルチセンスを搭載した。スポーツ、レース、セーブ、任意で設定可能なマイセンスの4つから選択可能だ。

ルノーマルチセンスを搭載するインテリア画像はこちら

 そのほか、アダプティブクルーズコントロール(EDCモデルはストップ&ゴー機能付き)、歩行者検知機能付きアクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)など、先進の運転支援システムも新たに装備している。

 各モデルのメーカー希望小売価格(税込み)と新装備は下記の通り。

メガーヌR.S. 464万円
メガーヌR.S. トロフィー 494万円(6速MT)/504万円(EDC)

【新型メガーヌR.S.新装備】
・最高出力300馬力、最大トルク420N・m 1.8L直噴ターボエンジン
・スポーツエキゾースト(アクティブバルブ付き)
・ナパレザー/アルカンタラステアリング
【新型メガーヌR.S.トロフィー新装備】
・ローンチコントロール(MT)
【新型メガーヌR.S./新型メガーヌR.S.トロフィー共通新装備】
・アダプティブクルーズコントロール(EDCはストップ&ゴー機能付き)
・アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付き
・トラフィックサインレコグニション(交通標識認識)
・LEDヘッドライト、リヤLEDランプ、フロントR.S.ロゴ意匠変更
・リヤシーケンシャルウインカー
・シャークアンテナ
・オートホールド機能(電動パーキングブレーキのみ)
・EASY LINK(イージーリンク)
・後席用USBポート(2個)
・ダイヤル式エアコンコントロール
・ウェルカムランプ(ドアハンドル)

画像ギャラリー


新着情報