SUV好きのレーシングドライバーが選ぶ! 「悪路最強」のヨンク車とは? (1/2ページ)

SUV好きのレーシングドライバーが選ぶ! 「悪路最強」のヨンク車とは?

Gクラスは意外にも取り回しが良い

 ボクは、一昨年は「ジープ・ラングラー」に、そして昨年は「ランドローバー・ディフェンダー」にCOTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)で最高点を配してきた。国内外を問わず、世界各地で山岳地域のみならず市街地や整備された高速道路でさえも自然災害による道路環境の悪化で普通の車では走行不能に陥る場面が増えていて、悪路での走破性の高さも「命を守る選択」として、かつてエアバッグ装着車を積極的に選択した時代があったように重要であると考えたからだ。

【関連記事】背高でも凄い! レーシングドライバーが納得する「走り」をもつ現行SUV5選

ランドローバー・ディフェンダーのフロントスタイリング画像はこちら

 COTYは前年度の11月1日から当該年の10月末までに日本国内で発表・発売されたモデルに限定されるので、実際には「オフロード最強系SUV」を購入しようとするとほかにも選択肢はある。

 その筆頭に上げられるのはメルセデス・ベンツGクラスだ(以下Gクラス)。1979年の初代登場からすでに40年以上が経過しているが、一昨年にキープコンセプトのままフルモデルチェンジを受け、新世代の技術が取り入れられた。

 Gクラスはもっとも大きなメルセデス・ベンツという印象を持っている人が多いが、実際はそうではない。全長は5m以下で全幅も2mに及ばない。アルミニウム製の軽量ボディパーツやトランスミッションケースなども軽量化を図り、車両重量は旧モデルから166kgも軽くなった(G550)。

メルセデス・ベンツ G550の悪路走行シーン画像はこちら

 悪路走破性を図る尺度として最低地上高があるが、Gクラスは241mm(G550)もある。加えて最大45度の傾斜角を登れる登坂性能に700mmという最大渡河水深性能を誇っている。実際、Gクラスは人が歩くのも困難な斜面や岩場も難なく走破する。にもかかわらず、高速道路など乾燥舗装路ではメルセデス・ベンツを名乗るのに相応しい快適性を身につけているのだ。ステアリングギア比はスポーツセダンなみにクイックになり、コーナーでの取り回しも楽になった。最大で約40度近く切れる大きな操舵角で最小回転半径は6.3mだ。

 GクラスにもAMGのハイパフォーマンスモデルがラインアップされており、エンジンのハイパワー化だけでなくサスペンションにアンチロールバーを追加していて高速走行安定性も圧倒的に高められている。200km/hオーバーの速度域を現実的に実用領域としているドイツ・アウトバーンで鍛えられ、通用する最強SUVとしてG 63 AMGに並ぶクルマは存在しないだろう。G63 AMGをベースに6輪化した「6×6」は走行性もさることながら約8000万円という価格面でも他を圧倒していた。

AMG G 63の高速走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー