オフロードを走れるのが魅力のハズなのに……2輪駆動のSUVに存在価値はあるのか? (1/2ページ)

オフロードを走れるのが魅力のハズなのに……2輪駆動のSUVに存在価値はあるのか?

SUV発祥の地アメリカでも1980年代からFFモデルが存在した

 SUVというのはクロカンをルーツとしている部分もあり、4WDが当たり前というイメージはある。しかし最近はFFのSUVがあって、なんだか違和感があったりする。だが、じつはSUVの発祥地でもあるアメリカでは、1980年代ぐらいからFFモデルが存在していた。

 また、ハイラックスサーフなどの日本車でも北米仕様にはFFが用意されていたほど。並行モノを扱うショップでは、「FFのクロカンあります」というのをアピールしていたところもあって、「海外にはそんな仕様があるんだな」と思ったものだ。

 もちろん当時のモデルはハードなテイストで、クロカンイメージが強いものばかりだったが、それなのにFFという理由はそのイメージにあった。アメリカといっても荒野を走りまくるわけでもなく、舗装路を走る場合がほとんど。そうなると4WDである必要はない。アメリカゆえに燃費は意識しないかもしれないが、車両価格は安いほうがいいということもあったりして、FFを求める層が一定数存在するのは事実。SUV

 でも、アメリカ人はピックアップが好きなことからもわかるように、開拓者的なイメージを好む。実際、クロカンのイメージが大好きで、今でも各メーカーともに複数の無骨なSUVをラインアップしており、ジープはその典型だろう。

画像ギャラリー