ニスモからブースト圧も変更したスカイライン400R専用「スポーツリセッティング・タイプ2」が発売

ニスモからブースト圧も変更したスカイライン400R専用「スポーツリセッティング・タイプ2」が発売

より力強い走りのためにブースト圧などチューニング!

 日産車の性能を引き出すチューニングアイテムなど手掛けるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、走りを磨き上げたスポーツセダン「スカイライン」の上級グレードである400R向けとなる「NISMOスポーツリセッティングTYPE-2」を発売した。13万円(税抜き)。

 スポーツリセッティングは、ニスモがモータースポーツなどで培ってきたノウハウを活かし、エンジンパフォーマンスを引き出すために車両搭載のCPUを最適化。力強い走りを味わえるアイテムとして長年支持されている。

400R用タイプ1
画像はこちら ※写真は400R用TYPE-1

 これまでに、400R用スポーツリセッティングはサーキットでの走行に適したリミッターカットのみの仕様「TYPE-1」が発売されていた。今回新たに追加されたTYPE-2は、専用チューニングが施されたVR30DDTTのポテンシャルをさらに引き出すべく、ブースト圧と点火時期をチューニングし、エンジン出力特性を向上。全回転域での伸びの良いリニアな加速感をもたらしてくれる。

 また、SPORTSモードとSPORTS+モードでは、中低速域でのアクセルレスポンスを向上させており、発進時や加速時にスムースかつスポーティな加速を楽しめる仕様に仕立てられている。

 取扱店は、NISMO大森ファクトリーならびにNISMOパフォーマンスセンター(NPC)。価格には、事前点検・納車前点検・作業工賃が含まれている。

画像ギャラリー