えっ! そこが気になるの? 男にはわからないクルマ購入時に女性が重視するポイント7つ (1/2ページ)

えっ! そこが気になるの? 男にはわからないクルマ購入時に女性が重視するポイント7つ

重視するポイントが男女で異なることも!

 人生で家の次に高い買い物だと言われている、クルマ。確かに、決して安くはない金額を出すものだけに、購入を検討するときは慎重になりますよね。とくに、家族のクルマや夫婦で共有するクルマを買うときには、両方の意見が合致しないといけないので、なかなかコレという1台が見つからない、互いに条件を譲らない、なんてことになりがちです。そこで今回は、男性と女性ではこんなに違う、重視するポイントや考え方をピックアップしてご紹介したいと思います。

1)ボディカラー

 まず1つ目は、見た目のポイントとして重視する度合いが変わってくるのが、ボディカラー。男性は、好みというよりも「リセールバリュー」を重視しがちです。本当は赤がいいけど、きっと下取りのときには値がつかないだろうな、などと早くも乗り換え時のことを考えて、無難な黒・白・シルバーを選びがち。でも女性は、普段からアイシャドウの色、口紅の色、洋服の色などで色選びをつねにおこなって生きています。なので、自分に似合う色、パートナーに似合う色、ご近所で浮かない色、他人と被らない色、といった見た目のマッチング重視の色選びをすることが多いのです。

【関連記事】男女でこんなにも違う! なぜか「異性」からは「評価されない」評価真っ二つなクルマ5選

シルバーのボディカラー画像はこちら

 また、鮮やかなブルーやグリーン、赤といった色に一目惚れし、どうしてもその色がいいと言いがちなのも女性。ここはひとつ、男性が「どうしてその色がいいのか」を女性にちゃんと聞いてあげたうえで、自分の考えを正直に話しましょう。女性も冷静になれば、リセールバリューの低い色はあまり歓迎したくはないですから、そこから徐々に折り合いをつけるようにしたいですね。

ボディカラーの選択イメージ画像はこちら

2)運転しやすさ

 2つ目は、クルマの性能で違う視点となりやすいポイントとして、運転しやすさがあります。男性は、エンジンのタイプやパワーなどを見て、「運転してみたい!」とときめくものだと思いますが、それは根本的に自分の運転に自信があり、どんなクルマでも乗りこなすことができると思えるからです。女性は運転に苦手意識を持っている場合が多いですから、なにより「自分にも運転できそうかどうか」「安心して運転できる環境が整っているかどうか」がもっとも気になるところです。

運転席のイメージ画像はこちら

 そのため、あまり奇抜なシフトレバーとか、先進的すぎるメーターなどを見た瞬間に、「あ、これ私にはムリなやつ」と引いてしまうかもしれません。なのでそこはまず、実際に運転席に座ってみて、シートやステアリングの調節機能がしっかり装備されていること、視界が確保されていること、慣れれば操作がしやすいようになっていることなどを1つ1つ説明し、女性に安心感を持ってもらえるようにしましょう。バックモニターなど、普段の運転をサポートしてくれる装備から、衝突被害軽減ブレーキなど、万が一の際の安全装備がそろっていることも、確認するといいですね。

シフト操作のイメージ画像はこちら

3)乗り降りのしやすさ

 3つ目は、男性ではほとんど気にする人がいない、乗り降りのしやすさです。というのも、女性はいろんな服装と靴で乗車します。ヒールを履くことが多い女性は、足つきの良さが気になりますし、タイトスカートやミニスカートを履くときに太ももが露わになるような高さは嫌がります。

乗降のイメージ画像はこちら

 また、小さな子供がいるファミリーでは、チャイルドシートの乗せおろしがしやすいかどうか、狭い場所でも広くドアが開けられるかどうか、といったところも確認したいものですね。男性でも、長身の方は乗り降りのたびに頭をぶつけるようなクルマは避けたほうがいいので、ぜひチェックしてほしいと思います。

チャイルドシートのイメージ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報