「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台! (1/2ページ)

「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

セグメントの枠を超えて採用されるものも!

 クルマ好きの間では、よく「プラットフォームが同じだから……」という会話があるはずだ。自動車メーカーはコストダウンの目的もあって、ひとつのプラットフォームをいろいろなクルマに採用するのが常であり、しかしそれが意外な車種へと発展していくこともある。

 もっとも、今ではプラットフォームの概念が変化し、ホイールベースが同じとは限らない。一例を挙げると、フォルクスワーゲン(VW)が2012年に発表したMQB(モジュラー・トランスバート・マトリックス)がそうで、クルマのセグメントの枠を超えて採用するようになっている。

 たとえばゴルフ7とパサートは同じMQBプラットフォームを用いるものの、ホイールベースはゴルフ7が2635mm、パサートが2790mmと異なる。昔の考え方なら、両車は別プラットフォームということになるのだが、最新のプラットフォームはストレッチするなどして寸法を自在に短長できるというわけだ。

【関連記事】偶然か? それともパクリか? 驚くほど似たデザインの輸入車と国産車3組

ゴルフ7とパサート画像はこちら

 比較的分かりやすい!?プラットフォームの共用車として、VWポロとアウディA1のように、同じグループの同一セグメントのクルマによく見られるのは当然だろう。レンジローバーのヴェラールとジャガーF-PACEあたりも、英国車同士でなるほど感ありだ。

ポロとA1画像はこちら

 しかし、世のなかには、このクルマとあのクルマが同じプラットフォームを使っているのかっ!?と、ちょっとびっくりする例もある。フィアット500Xとジープ・レネゲートは同じグループであり、コンパクトSUVという点では共通するものの、ほのぼの感ある500Xと、いかにも悪路に強そうな本格派のレネゲートでは、見た目や走破性など、まるで別物といっていい。

500Xとレネゲード画像はこちら

画像ギャラリー