アルファードを超える豪華ミニバンとして期待は大きかった! なのに「グランエース」が低迷する理由 (1/2ページ)

アルファードを超える豪華ミニバンとして期待は大きかった! なのに「グランエース」が低迷する理由

アルファードより圧倒的に少ないが販売目標はクリアしている

 2021年1〜3月の販売統計を見ると、トヨタ・アルファードが各月ともに1万台以上を登録した。2020年にトヨタの全店が全車を扱う体制に移行して、姉妹車となるヴェルファイアは10%程度まで激減したが、アルファードの販売は絶好調だ。売れ筋価格帯が400〜550万円の高価格車なのに、販売ランキングの上位に喰い込む。

 そこであらためて目を向けたいミニバンが、Lサイズのトヨタ・グランエースだ。全長は5300mm、全幅は1970mm、全高は1990mmと大柄で、車内はアルファードよりも広い。3列シートで6人乗りのプレミアムでは、2/3列目の両方に、座り心地が快適なエグゼクティブパワーシートを装着した。

【関連記事】3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

グランエースのリヤ画像はこちら

 アルファードの上級グレードもエグゼクティブパワーシートを備えるが、2列目のみだ。3列目は左右に跳ね上げて格納するシートが全車に装着され、座り心地は良くない。床と座面の間隔も足りず、足を前方へ投げ出す座り方になる。

アルファードの3列目シート画像はこちら

 従ってアルファードで快適なシートは、特等席の2列目と1列目だけだ。3列目まで含めて、すべてのシートが快適なミニバンは、日本車ではグランエースプレミアムのみになる。

グランエースの3列目シート画像はこちら

 グランエースは全員が快適に乗車できる貴重なミニバンだが、売れ行きは伸び悩む。2019年12月に発売され(発表は11月)、2020年の登録台数は1カ月平均で約60台だ。アルファードが1万台前後に達するのに比べると圧倒的に少ない。それでもグランエースの場合、発売時点で公表された販売目標も1年間に600台(1か月平均なら50台)であった。そこまで考えると2020年の登録台数も目標通りといえるだろう。

画像ギャラリー