熱烈ファンはいても「ニッチ」ゆえに「いつ消えても」おかしくない! 買わないと「後悔必至」のクルマ3選 (1/2ページ)

熱烈ファンはいても「ニッチ」ゆえに「いつ消えても」おかしくない! 買わないと「後悔必至」のクルマ3選

国内専売モデルは人気があっても消えゆく可能性がある

 我々クルマ好きにとって、夢や希望を抱かせてくれるクルマも少なくないが、メーカーにとってはそれが商売であるから、一部のユーザーに深く刺さるようなモデルであっても販売台数が伸びなければ長きにわたって販売することは難しい。

 先日、終売となったホンダS660も、軽自動車でありながらミッドシップにエンジンを搭載したマイクロスーパーカーということで非常にニッチなモデルであったが、法改正の影響を受けて販売終了となったわけで、現在販売されている車両もいつなくなってしまうか分からないのである。

 今回はそんなニッチ向けの車種をピックアップ。なくなって嘆くよりも早めに購入を検討してみてはいかがだろうか。

1)スズキ・ジムニー

 現在もバックオーダーを抱えるほどの大人気車種であるジムニー。しかし、専用のプラットホームや縦置きエンジンなど、メカニズム的にはかなり専用設計の部分が多くなっている。

【関連記事】マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

ジムニー画像はこちら

 一部の諸外国でも販売されているジムニーであるが、そちらは1.5リッターエンジンを搭載した日本でいうところの「ジムニーシエラ」であり、軽自動車規格のジムニーはニッチな車種ということになる。

ジムニーシエラ画像はこちら

 まだまだ納車待ちを抱えるほどの人気車種ではあるが、今後海外に軸足を置くようなことがあれば、軽自動車規格のボディを用意する必要もなくなり、シエラに統合されてしまう可能性はゼロではないだろう。

画像ギャラリー