絶対王者のN-BOXを倒した! ヤリスが販売トップに躍り出た4つの理由 (1/2ページ)

絶対王者のN-BOXを倒した! ヤリスが販売トップに躍り出た4つの理由

ヤリス・クロスとGRヤリスを含めた数字

 国内の最多販売車種は、今はトヨタ・ヤリスとされる。2020年度(2020年4月から2021年3月)には20万2652台を登録して、ホンダN-BOXの19万7900台を上まわった。

 ヤリスが国内販売の1位になった背景には、大きく分けて4つの理由がある。

1)3車の合算台数

 1つ目の理由は、日本自動車販売協会連合会の公表するヤリスの登録台数が、「ヤリス+GRヤリス+ヤリスクロス」の合計になることだ。

 ヤリスクロスの発売が2020年8月と遅いことから、上記3車種の条件を合わせられる直近2021年1〜3月で1か月平均登録台数を割り出すと(メーカー調べ)、ヤリス:約1万820台、ヤリスクロス:約1万580台、GRヤリス:約1130台になる。

【関連記事】ハイブリッド専用車の役目は終わった? プリウス&アクアが急激な「販売不振」に陥ったワケ

ヤリスの走り画像はこちら

 上記3タイプをヤリスシリーズに占める比率に換算すると、ヤリス:48%、ヤリスクロス:47%、GRヤリス:5%だ。一般的な認識として、5ナンバーサイズのコンパクトカーになるヤリスと、3ナンバー車でSUVのヤリスクロスは別のクルマだろう。

GRヤリスの走り画像はこちら

 そこでヤリスシリーズを分割して、2020年1〜3月の平均登録台数(軽自動車は届け出台数)を集計すると、ランキング順位は以下のようになる。1位:ホンダN-BOX(1か月平均2万710台)、2位:スズキ・スペーシア(1万5970台)、3位:ダイハツ・タント(1万4250台)、4位:トヨタ・ルーミー(1万3130台)、5位:トヨタ・アルファード(1万1370台)、6位:トヨタ・ヤリス(1万820台)、7位:トヨタ・ヤリスクロス(1万580台)と並ぶ。

ヤリスクロスのフロント画像はこちら

 ヤリスシリーズの登録台数を分割すると、トップ3車は軽自動車のハイトワゴンでN-BOX/スペーシア/タントにより占められる。その次はルーミーとアルファードが入る。この後にヤリスとヤリスクロスが続く。このようにヤリスは、シリーズ合計にしたことで登録台数を増やした。

画像ギャラリー