スーパーフォーミュラ歴代王者でF1にステップアップはゼロ! 「日本のレースはレベルが低い」の揶揄は正当か? (1/2ページ)

スーパーフォーミュラ歴代王者でF1にステップアップはゼロ! 「日本のレースはレベルが低い」の揶揄は正当か?

スーパーフォーミュラを「F1に近い」と語るドライバーも

 2013年に国内最高峰フォーミュラとして誕生したスーパーフォーミュラにおいて、これまでの歴代チャンピオンのなかに、F1へステップアップしたものはいない。

 一方で2021年にF1デビューを果たした日本人ドライバーの角田裕毅がそうであるように、FIA-F2参戦ドライバーの多くが、タイトルを獲得せずとも数レースで優勝し、ランキング上位につけたことでF1参戦のチャンスを掴んでいることから、レースに不案内な人のなかには「日本のレースはレベルが低い」という声もあるが、その指摘は間違いだ。

 筆者からすれば、スーパーフォーミュラはFIA-F2に匹敵するカテゴリーで、F1に次ぐレベルにあると思う。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

スーパーフォーミュラ参戦車両01画像はこちら

 確かにF1直下に位置するFIA-F2はスーパーライセンスの獲得ポイントが多く、レース内容もハイレベルだが、なかにはその技量において首を傾げたくなるドライバーがいることも事実である。対して、スーパーフォーミュラの上位争いのレベルは世界屈指の領域で、F1経験者でさえ、なかなか勝てないのが現状である。

 FIA-F2がメカクローム製3400ccV型6気筒ターボエンジンにピレリタイヤ、スーパーフォーミュラがホンダ製もしくはトヨタ製の2000cc直列4気筒ターボにヨコハマタイヤと搭載エンジンおよび使用タイヤは異なるものの、シャシーはともにダラーラ製のワンメイクで、マシンのパフォーマンス的はほぼ同じレベルにあると言われている。実際、FIA-F2を経て、2020年よりスーパーフォーミュラに参戦しているタチアナ・カルデロンは過去にF1のテスト走行を経験しているが、スーパーフォーミュラについて「ダウンフォースが印象的でF1に近い」と語るほどだ。

画像ギャラリー