日本初の「公道レース」がついに実現! 島根県の小さな街が「歴史的快挙」を成し遂げられるワケ (1/2ページ)

日本初の「公道レース」がついに実現! 島根県の小さな街が「歴史的快挙」を成し遂げられるワケ

島根県江津市は「クルマ好きの多い街」

 来る9月20日(日)に、島根県江津市で日本初の公道レースが開催される予定だ。『A1市街地グランプリGOTSU2020』である。A1の意味は、Anyone(誰もが)参加できるとの思いが込められている。

 過去、神奈川県のみなとみらい地区や、大阪市夢洲地区などへのF1の誘致や、東京・浅草寺でのレッドブルF1のデモンストレーション走行などは行われたが、いまだ公道レースは開催されたことがない。

レッドブルF1のデモンストレーション走行

 江津市は、人口2万4000人ほどで、島根県内ではもっとも小さな市といわれる。消滅可能性都市ともいわれるそうだが、その市街地の公道でレースが開催されるのだ。新型コロナウィルスの影響で、いくつかの計画変更はあったが、日本初の実現へ向け追い込みに入っている。

 それにしても、これまで何度も公道レースの企画が持ち上がりながら実現へこぎつけなかったものが、なぜ、現実になろうとしているのか。

 一つは、小さな市であるがゆえに、地元の人々が一致団結して初めてのことに挑戦しようという意思を固められたからであるという。江津市は、石州瓦の産地として知られるほか、自動車部品メーカーや建設メーカーなどの産業もあり、またクルマ好きも多いという。そして、まだ誰も成功しえなかったことに挑戦することが、江津市に元気をもたらすことになるとのことだ。

画像ギャラリー