人気のシエンタにこだわりのブラック加飾と安全装備を追加したモデルが登場

人気のシエンタにこだわりのブラック加飾と安全装備を追加したモデルが登場

ブラック加飾と安全装備追加で魅力度アップ!

 トヨタは、6月2日からファミリー層から人気の高いシエンタに、ブラックを多用したエクステリアと、衝突被害軽減装置を装備した特別仕様車 G“Safety Edition II”とFUNBASE G“Safety Edition II”を設定した。

 主な変更点として、今回の特別仕様車のラインアップを機に全車にオートライト(コンライト)を標準装備。

 また、GとFUNBASE Gの2グレードには、ブラック加飾を施したドアミラーやホイールキャップ、ブラックでまとめたインテリアを設定。また、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラを含むナビレディパッケージを特別装備とした。外板色には、特別設定色グレイッシュブルーを含む5色を設定。

【関連記事】トヨタ・シエンタが人気の理由とは? ファンベースやライバルのホンダ・フリードとの違いを解説

シエンタ インテリア画像はこちら

 価格は、シエンタが181万8500円〜258万円。特別仕様車が211万円〜251万7000円となる。

画像ギャラリー


新着情報