大変身っぷりは「乗用車」の比じゃなかった! 軽トラに1BOXなど「商用車」カスタムがいまキテる (1/2ページ)

大変身っぷりは「乗用車」の比じゃなかった! 軽トラに1BOXなど「商用車」カスタムがいまキテる

流行りの商用車カスタムは利便性も最強だった!?

 ストックの状態では飽き足らず、愛車にオリジナリティを求めて何らかのカスタマイズを施すユーザーは多い。ミニバンやSUV、ステーションワゴンなどベース車によってさまざまな方向性のカスタムが存在し、外装、内装、足まわりなど数え切れないほどのカスタムアイテムが存在する。

 そんななかで、近年注目を集めているのが”商用車”をベースにしたカスタムジャンルだろう。いわゆるお仕事クルマである商用車には1BOXや2BOX(いわゆるバン)やトラックなどのボディ形状がある。いずれも荷物を運ぶのがメインの貨物車だ。そんな商用車ベースのカスタムが近年盛り上がりを見せているのだ。いったいどんな意図から商用車カスタムがもてはやされているのだろう?

【関連記事】高速でカッ飛んでいくけど大丈夫? 質素な商用バンが速く走れるワケ

ハイエース全体画像はこちら

 ひとつの理由として考えられるのは商用車が仕事に特化しているため、デザインよりも積載性などを優先する点があげられるだろう。1BOXであれば荷室容積を稼ぎ出すために四角四面のボディ形状になり、フェイスなどはおのずとシンプルなデザインになりがちだ。そのため、カスタムしたときの変化量が大きくなるのだ。つまり商用車はカスタムした分だけ結果が出るベース車だと言うこと。乗用車に比べてスキがあるデザイン&装備が商用車をカスタムさせる動機になっているのは間違いないだろう。

ハイエース カスタム例画像はこちら

 近年の乗用車はストックの状態で完成しすぎていると感じているユーザーには魅力的に感じる商用車のカスタム。わずかなカスタムでもワンアンドオンリーなスタイリングを作り出せる可能性を秘めている。

 さらに商用車を選ぶ理由に優れたパッケージングがある。たとえばバイクやスポーツサイクル、サーフィンなどの大きなレジャーギアを積載するには1BOXや2BOXといったボディが欲しい。さらにキャンプなどでたくさんのレジャーギアを持ち運ぶ際にも広い荷室は魅力であり、車中泊を考えた場合にもフラットなベッドスペースをカスタマイズしやすい1BOXはほかの車種では替えが効かない存在なのだ。

ハイエース荷室画像はこちら

 このように「従来のミニバンでは狭い」というニーズに合わせたセレクトとして商用車を選ぶユーザーも多い、しかも「商用車っぽい内外装のままで乗るのは嫌」というニーズから、ドレスアップを施すケースも少なくないのだ。

画像ギャラリー