ランエボ復活の可能性もあり! 三菱が蘇らせる「ラリーアート」とは (1/3ページ)

ランエボ復活の可能性もあり! 三菱が蘇らせる「ラリーアート」とは

三菱自動車のモータースポーツ活動担当

 三菱自動車が2020年度の決算報告において、2009年度で主たる活動を停止していた「RALLIART(ラリーアート)」ブランドの復活を宣言した。復活といっても11年ぶりだ。「ラリーアート」という名前を知らない世代も増えているかもしれない。

 とはいえ熱心な三菱ファンにはWRCを頂点とするラリー系モータースポーツの運営やサポートで知られているだろう。また、古いファンの中には1985年に開催された日本初のグループAレース「インターテック」において日本代表として奮闘したスタリオンのフロントバンパーに貼られたRALLIARTのロゴが印象深いという人もいるのではないだろうか。

【関連記事】名エンジン「4G63」はランエボ専用じゃなかった! 意外と知られていない搭載車3選

サーキットを走る三菱スタリオン画像はこちら

 そもそもラリーアートは、三菱のモータースポーツ活動を支える組織として1984年4月に設立された。プライベーターへの部品供給といったモータースポーツに関するユーザー支援もその役割であった。

 また2000年代になってからはワークスチューニングのブランドとしても知られるようになっていった。スポーツマフラーやサスペンションなどで愛車をチューニングしたという人も少なくないだろう。

 さらに、コルト・ラリーアート、ギャランフォルティス・ラリーアートのように、スポーティグレードにつけられるサブブランドといったキャラクターも与えられていた。

コルト・ラリアート・バージョンRのフロントスタイル画像はこちら

 簡単にいえば、日産におけるNISMOのような位置づけのブランドだったといえる。

画像ギャラリー


新着情報