【動画】ドリキン土屋圭市がPOTENZA「RE-71RS」「S007A」を全開試乗! 筑波サーキットで性能を斬る

【動画】ドリキン土屋圭市がPOTENZA「RE-71RS」「S007A」を全開試乗! 筑波サーキットで性能を斬る

筑波サーキット2000で2本のポテンザをチェック!

 ブリヂストンの誇る高性能スポーツタイヤブランドである「POTENZA(ポテンザ)」。そのなかでもスポーツ車用に特化し、「リアル・スポーツPOTENZA」を名乗る、ハイエンドタイヤがRE-71RSだ。

画像はこちら

 見るからにグリップを感じられるトレッド面は、非対称トレッドプロファイルを採用。強い横Gにさらされ、車体がロールした状態でも接地面積を確保し、均一な接地圧を確保できるようにしている。

画像はこちら

 RE-71RSは、スポーツタイヤでは常識となっている左右非対称パターンを採用しているが、アウトサイドのショルダー部にも秘密がある。レーシングカーで採用されるタイヤのような、溝のない「スリックショルダーブロック」とすることでブロック剛性を上げ、コーナリング時に大きな荷重がかかってもしっかりと踏ん張ることができるのだ。これによりコーナリング限界を引き上げている。

ブリヂストン・ポテンザRE-71RSの正面から見たトレッド面画像はこちら

 また、インサイドは、低角度のローアングルグルーブを配置。横方向に対して剛性をアップすることで、コーナリング時のグリップを向上させている。

 こうしたハイグリップタイヤでは、ウエット性能が犠牲になっていないか気になるところだが、RE-71RSは太い2本のストレートグルーブをイン側に配置。アウトサイドにも1本のストレートグルーブを通すことで、十分な排水性をも確保している。

ブリヂストン・ポテンザRE-71RSのロゴ画像はこちら

 そうしたRE-71RSでもっとも気になるのは、何はともあれドライでのグリップ性能だろう。ブリヂストンの社内テストによる公表データでは、先代モデルのRE-71Rに比べて、ドライコースでの最速ラップタイムでなんと2%も向上、平均ラップタイムで1.1%アップしているというのだ。

 今回はそんな性能を実際に試すべく、最新スポーツモデルであるルノー・メガーヌR.S.トロフィーに装着し、筑波サーキット・コース2000でテストを行うことにした。

ルノー・メガーヌRE-71RSのサーキット走行シーン画像はこちら

 また、「プレミアムPOTENZA」として、高いグリップとコンフォート性を両立したS007Aも同時にテストしている。

画像はこちら

 こちらのタイヤは、ハイパワー輸入セダンなど、スポーツ性と快適性の両方を高い次元で求められるクルマのユーザーに人気のモデルである。一見そう聞くと、おとなしめのタイヤのように感じるが、そこはブリヂストンが自信をもって「POTENZA」の名を与えた1本だ。十分にサーキット走行に耐えられるであろう。

ブリヂストン・ポテンザS007Aの正面から見たトレッド面画像はこちら

 ステアリングを握るのは、お馴染みのドリキンこと土屋圭市さん。果たしてどんな評価となるのか? 動画で確認してほしい。

ドリキンこと土屋圭市さんのレーシングスーツ姿画像はこちら

■RE-71RSのサイズラインアップはコチラ

■S007Aのサイズラインアップはコチラ

画像ギャラリー