スポーツモデル高騰のなか「なんと100万円台」! 買うならいましかない国産「穴場」スポーツ3選 (1/2ページ)

スポーツモデル高騰のなか「なんと100万円台」! 買うならいましかない国産「穴場」スポーツ3選

 現在、価格高騰が続いている国産スポーツモデル。とくに90年代にデビューしたモデルなどは軒並み高騰しており、新車価格を上まわるプライスタグを付けられているものも珍しくないほどだ。

 しかし、なかには現在でもプレミア価格となっておらず、比較的購入しやすい価格を維持しているスポーツモデルも存在している。今回はそんなお買い得なスポーツモデルをいくつかピックアップしたい。

1)スズキ スイフトスポーツ(現行型)

 1トンを切るボディに140馬力を発生させる1.4リッターターボエンジン。そして専用の3ナンバーボディとホットハッチに必要な要素をすべて兼ね備えていると言っても過言ではないのが、現行型のスイフトスポーツだ。

【関連記事】【10万円台もゴロゴロの不人気っぷり!】 激安だが乗れば強烈に楽しめる国産中古車4選

スイフトスポーツの走行シーン画像はこちら

 NAエンジンだった先代までのモデルに対しターボとなったことで、チューニングによってパワーアップさせることが容易になり、多くのアフターパーツメーカーがカスタマイズパーツをリリースしている点も心強い。

スイフトスポーツのインストゥルメントパネル画像はこちら

 そんな現行スイフトスポーツは新車でも200万円ちょっとと安価ではあるが、中古車では100万円台前半から見つけることができるため、新車との差額でチューニングをするという選択肢もアリではないだろうか。

画像ギャラリー