「飛ばさない」自制心が吹き飛ぶほどの強烈な速さ! エンジンにまで着手した爆速コンプリートカー5選 (1/2ページ)

「飛ばさない」自制心が吹き飛ぶほどの強烈な速さ! エンジンにまで着手した爆速コンプリートカー5選

やりすぎなエンジンを積んだクルマが新車で買えた!?

 最近はトヨタのGR、日産のニスモ、スバルのSTIといったメーカーワークスをはじめとしたコンプリートカーと呼ばれる、レベルや形はいろいろなものがある完成済のチューニングカーも増えている。その中において頂点となるのは、やはりエンジンにも大幅な手が加えられたもので、そういったコンプリートカーをホンダ、スバルからピックアップしてみる。

■ホンダ(無限)

1)シビック無限RR

 2007年に登場した無限シビックRRは4ドアセダンだったFD2型のシビックタイプRをベースにした、無限初のコンプリートである。

【関連記事】レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

シビックタイプR無限RR全体画像はこちら

 エンジンはカムシャフトや吸排気系の変更によりノーマルの225馬力から240馬力にパワーアップされ、タイヤ&ホイール、減衰力が5段階調整となるダンパーを含めた専用サスペンションの装着により、ノーマルとは別物の乗り心地を確保しながら、コーナリング性能も向上。また、ブレーキまわりもローターなど各パーツに手が加えられたほか、ダウンフォースが増大され、インテリアではレカロシートなども装着されている。

シビックタイプR無限RRエンジン画像はこちら

 300台限定で価格も500万円近かったが即完売となったのも、内容や後から自分で手を加えることを考えると大いに納得できる。

2)CR-Z 無限RZ

 無限RZは後期型となったばかりのCR-Zのコンプリートカーとして2012年に登場した。

CR-Z無限RZ全体画像はこちら

 エンジンはスーパーチャージャーの装着により156馬力にパワーアップされ、インテリアにはブーストメーターも装備。パワーアップに伴う各部の強化も抜かりなく、より楽しいCR-Zに仕上がっていた。

画像ギャラリー