王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選 (1/2ページ)

王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選

この記事をまとめると

◾︎SUVやミニバンのブームが来る前にワゴンブームがあった

◾︎商用車ベースとしたモデルも多数存在

◾︎ハイパワーマシンやグレードの多さなど、個性的なモデルが多かった

SUVブームとミニバンブームの前はワゴンが大流行!

 クルマというのはブームが何度も起こって現在に至っている。古くはマイカーブームとして、自家用車を持つこと自体が人気になったし、サーファーブームのときはファミリアがヒットしたように、固有の車種がブームになることもある。ご存じのように現在はSUVブームで、少し前にはコンパクトカーブームというのもあった。また大きな盛り上がりとしてはミニバンブームがあった。

 さらにその前にあったのがワゴンブームで、いわゆるRVブームとも言われ、クルマそのものだけでなく、使い方も含めてブームになった。ちなみにその伏線としてはクロカンブームもあったように思う。今回は、ワゴンブームを振り返りつつ、売れっ子だったレガシィ、アベニール、カルディナ以外の思い出深いワゴンについても紹介しよう。

 ワゴンブームのきっかけとなったが、1989年に登場した初代レガシィ・ツーリングワゴンの大ヒットだ。それまではワゴンといえば、商用のライトバンの乗用車登録でしかなかったが、レガシィは日本車初のワゴン専用設計として登場した。つまりフルタイプ4WDを悪路ではなく、操安性のためとするなど、走りはセダン同様だったし、ターボのGTともなるとスポーツーカ的な走りも楽しめた。廉価グレードも用意されていたことも幅広いユーザーを獲得した理由で、これをバブルが後押しした。

【関連記事】見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

初代レガシィ走り画像はこちら

 他社も指をくわえているわけではなく、トヨタからはカルディナ。日産はアベニールで迎え撃ち、レガシィほどの人気はなかったがワゴン御三家としてブームを支えた。ちなみにカルディナとアベニールは商用ベースではある。

 ブームの裾野が広がるにつれて、価格的に手が届かなかったり、ヒットモデルには乗りたくないという層もいたのは事実。御三家以外にも様々なワゴンが登場して、ブームをさらに盛り上げた。そのいくつかを紹介しよう。

1)三菱 リベロワゴン

 ミラージュ/ランサーをベースにしたワゴンで、小ぶりなボディは扱いやすかった。注目すべきはGTで、ランサーGSR譲りの1.8リッターターボで、マイナーチェンジで205馬力を発生。しかもフロントマスクがランエボに似たものになって精悍だった。

リベロワゴンGT画像はこちら

2)マツダ カペラカーゴ/テルスターワゴン

 当時のマツダはフォードと提携していたので基本的には同じ。注目はまずコンパクトなボディに3列シートを採用したグレードがあったこと。しかも3列目は後ろ向きだった。

マツダ・カペラカーゴのフロントスタイリング画像はこちら

 また、ディーゼルも人気で、市販車世界初となるプレッシャーウエーブターボを採用して、想像以上の速さを楽しむことができた。ただ今のようなクリーンディーゼルではなく、振動と黒煙がすごかった覚えがある。

画像ギャラリー