これで純正かよ! スパルタン車の証「バーフェン」に虜にされたクルマ9選 (1/2ページ)

これで純正かよ! スパルタン車の証「バーフェン」に虜にされたクルマ9選

この記事をまとめると

◼︎オーバーフェンダー装着車はエンジンも過激な傾向にある

◼︎通常モデルとは別の特別なモデルに多く装着される

◼︎多くはスパルタンモデルであるが故にファンも多い

戦うために生まれてきたオーバーフェンダー装着車を振り返る

 スポーティなスタイリングコンセプトとして「ワイド&ロー」といった言葉を使うことも多い。クルマにおいてワイドであることは高いパフォーマンスを想像させる普遍的価値だ。

 太いタイヤを収めるため、純正ボディにオーバーフェンダーを備えた1960年代からのレーシングスタイルが、そうしたイメージにもつながっているのだろう。

【関連記事】究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

オーバーフェンダー例画像はこちら

 ただし、ワイドボディ=オーバーフェンダーというわけではない。1990年代以降は、後付け感のないブリスターフェンダーが、特別感のあるワイドボディをつくる定番手法となっていった。

 というわけで、ここではオーバーフェンダー、ブリスターフェンダーを取り混ぜ、記憶に残るワイドボディのスポーツモデルを総勢10台ピックアップしてみた。あなたは何台、覚えているだろうか。

1)メルセデス・ベンツ500E/E500

 日本で非常に人気を得たワイドボディの特別なモデルといえば、非常に印象深いのが、1991年に誕生したメルセデス・ベンツ500E/E500だろう。

500E/E500走り画像はこちら

 ブリスターフェンダーによって広げられたボディ幅は1795mm、標準ボディが1740mmなので、数値的にはさほどワイドになっているわけではないが、そのオーラは独特。フロントベイを拡大して、そこにオープン2シーターSL500由来の5リッター V8エンジンを載せているが、そうしたチューニングをポルシェが担当したということも伝説となっている。

2)ポルシェ911ターボ(930)

 スーパーカーブームの主役級モデルのひとつが1975年に登場したポルシェ911ターボ。930ターボの名前のほうが印象深いかもしれないが、前期型では3リッター水平対向6気筒エンジンにKKK製ターボチャージャーを装着して、260馬力を発生。

930ターボ全体画像はこちら

 そのパワーアップに合わせてワイド化した駆動輪を収めるべく、リヤにブリスターフェンダーが備わり、ボディ幅を120mmも拡大した。巨大なリヤスポイラーもインパクト大だ。なお、1978年モデル以降は3.3リッターへ排気量が増え、最高出力も300馬力に達している。この後期型ではタルガトップやカブリオレなどバリエーションも増えた。

3)ランチア・デルタHFインテグラーレ

 1980年代後半から市販車をベースとしたグループA規格で競われたWRC(世界ラリー選手権)において、主役となったのがランチア・デルタHFインテグラーレだ。日本でも絶大な人気を誇り、WRC参戦を終えた後も日本市場向けに進化を続けたというエピソードもあるほどだ。

ランチアデルタ走り画像はこちら

 そのためHFインテグラーレがデルタのスタンダードと思っている人も多いかもしれないが、そもそも1979年に誕生したランチア・デルタは全長3890mm、全幅1620mmのボディに1.3~1.6リッターエンジンを積むコンパクトハッチだった。WRCで勝つために2リッターターボを積み、4WDの駆動系を与えたのがHFインテグラーレ。レギュレーションに合わせてワイドなタイヤを履くためにブリスターフェンダーが与えられたが、じつは初期のインテグラーレは全幅が1700mm足らずだったことは意外かもしれない。

ランチアデルタ オーバーフェンダー画像はこちら

  

画像ギャラリー