マイチェンを重ねて「300万円以上」も値上がりした日産GT-R! 登場から14年経過のクルマに「1000万円オーバー」の価値はある? (1/2ページ)

マイチェンを重ねて「300万円以上」も値上がりした日産GT-R! 登場から14年経過のクルマに「1000万円オーバー」の価値はある?

この記事をまとめると

■日産GT-Rの2022年モデルの価格が1082万8400円〜と発表された

■日産GT-Rのデビュー時の価格は777万円であり300万円以上値上がりしたことになる

■それでも性能を考えれば日産GT-Rはバーゲンプライスだと思う

進化し続けるスーパースポーツの大幅値上げは珍しいことではない

 日産GT-Rの2022年モデルの価格が9月に発表された。いきなり下世話な話題から入って申し訳ないが、価格はもっとも安いピュアエディションでも1082万8400円となった。

【関連記事】5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

日産GT-R2022年モデルのフロントスタイリング画像はこちら

 2007年10月の市販型デビュー当時の最低価格は777万円だったので、14年で300万円以上も上がったことになる。ただし、ベースモデルが1000万円を超えたのは今回が初ではなく、2018年モデルの1023万840円が最初だった。そう考えると、最近は上げ幅が少なくなっているとも言える。

 しかもこの価格帯のスポーツカーにとって、この程度の上昇幅は珍しくはない。たとえば価格的に近いポルシェ911カレラは、GT-Rが市販開始した時期の2008年モデルが1115万円、現在が1429万円で、やはり300万円ぐらいアップしている。

ポルシェ911カレラのフロントスタイリング画像はこちら

 それでも「GT-Rに1000万円超の価値があるのか?」と思う人がいるかもしれないが、そもそもGT-Rは昔から高価だった。最初のGT-Rとして1969年に登場した4ドアセダンのスカイライン2000GT-Rは150万円もした。普通のスカイライン2000GTが80万円ぐらいだった頃の話だ。

1969年式日産スカイラインGT-Rのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報