なぜ日本で売ってくれない! ホンダとスバルが「アメリカ」で売る「ワイルドSUV」がカッコよくて羨ましすぎる (1/2ページ)

なぜ日本で売ってくれない! ホンダとスバルが「アメリカ」で売る「ワイルドSUV」がカッコよくて羨ましすぎる

この記事をまとめると

■ホンダとスバルは日本に未導入のワイルド系SUVを北米で売っている

■SUVが人気のいま日本でも欲しいというユーザーは多い

■2台の中身を紹介する

ホンダもスバルも北米に「より本物」のヨンクを導入している!

「どうして、北米市場を優先するんだ!?」。そんな声が、日本市場からジワジワと湧き上がっている。

 これは、各メーカーから相次いで発表されているワイルド仕様SUVについてである。

 たとえば、ホンダの北米法人は2021年9月7日、ミッドサイズSUV「パスポート」をベースとした「トレイルスポーツ」の北米市場導入を明らかにした。

【関連記事】外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

ホンダ・トレイルスポーツのフロント走行シーン画像はこちら

 それによると、スタイリングとしてはノーマルのパスポートに比べてラギッド感を強調し、インテリアでもオフロードユースでの汚れを落としやすくするマットなどの採用。そして、走りの面ではグランドクリアランス(最低地上高)を上げ、オフロード走行重視のサスペンションセッティングとタイヤを選定し、トルクベクタリングシステムのi-VTM4の設定もよりハードはオフロード走行を念頭に改良した。

ホンダ・トレイルスポーツの横の走行シーン画像はこちら

 パスポートは日本未発売であるため、トレイルスポーツだけを日本向けにというのは難しいのかもしれないが、CR-Vのさらにその上をホンダ車で求めるユーザーにとっては、とても気になる1台である。

ホンダ・トレイルスポーツの真後ろスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー