新型GR86がついに発売で価格は279.9万円〜と判明! 車名ロゴも改名にあわせて一新された (1/2ページ)

新型GR86がついに発売で価格は279.9万円〜と判明! 車名ロゴも改名にあわせて一新された

この記事をまとめると

■新型GR86が発売、価格は279.9万〜351.2万円

■86からGR86へと生まれ変わるにあたり車名ロゴも一新

■11月21日の「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」にて試乗できる(人数限定)

車名を新たにGR86とあらためてついに新型登場

 この日を待ちに待っていたという人も多いのではないだろうか。ついにTOYOTA GAZOO Racingから、新型GR86が発売された。

【関連記事】【試乗】GR86もBRZもMTもATも全部乗ったぞ! 「速く」「扱いやすく」進化した走りを詳細リポート

画像はこちら

 新型GR86は、先代モデル同様に業務資本提携を結ぶスバルとの共同開発であり、「スポーツカーのワクワク・ドキドキ、走る愉しさを守り続けたい」との思いをともにし、両社の個性を引き出したスポーツカーとして開発されている。

 GR86は、スバルBRZ とクルマのベースを共有しながらも、「ドライバーの意のままに操れる”手の内感”」、「限界域でのリニアな応答、キビキビした走り」といった「GRらしい走りの味」を持たせることに注力し、86の伝統を継承しつつも「GRらしい走りの味」を追求した結果、さらなる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走りを実現したGR86へと生まれ変わった。

GR86の走行シーン画像はこちら

 エクステリアでは、FRスポーツであることを主張するベルトラインから水平に通ったフェンダートップが特徴で、また、水平に低く通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みが、GR86が意のままに走らせられるクルマであることを想起させるワイドなスタンスと低重心を表現したという。

 フロントにはGRブランド専用の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさの表現を両立。また、86からGR86へ生まれ変わるにあたり、車名ロゴも一新されている。

GR86の車名エンブレム画像はこちら

 インテリアでは、水平に構成されたインパネとスイッチなどの操作系を最適配置し、運転に集中できる空間を実現。

GR86のインテリア画像はこちら

 メータには7インチカラーLCD液晶メーターのBOXERメーターを採用。水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションが、走行前の高揚感を高めてくれる。

 また、メーター表示は、走行モード別に変化する。「NORMALモード」では円形タコメーター内にスピードを大きく表示し、「SPORTモード(ATのみ)」ではタコゲージの先端やリングが赤色に変化、さらに「TRACKモード」ではレーシングカーのメーターを参考に回転数などを拡大表示し、スポーティな走りを視覚からも演出する。

GR86のSPORTモードのメーター表示画像はこちら

 軽量なフロントシートは、身体をホールドする部分が独立したパッド形状とし、スポーツ走行による前後左右Gにも耐えうるよう、グリップ性に優れたシート表皮を採用。車との一体感を感じられる座り心地を実現している。

GR86のフロントシート画像はこちら

画像ギャラリー