雪道でこそ生きる! スバルXVの歴史とレヴォーグとの比較 (1/2ページ)

雪道でこそ生きる! スバルXVの歴史とレヴォーグとの比較

スバル車のSUVラインアップのなかでもっともコンパクトなモデル

 XVはスバルのクロスオーバーSUV。スバル車のなかではもっともコンパクトなSUVモデルだ。この記事ではXVの基本情報をおさらいしてみたい。

スバルXVとは?

 XVは元々インプレッサの派生車だ。2010年に3代目インプレッサの派生モデル、「インプレッサXV」として登場。2代目よりXVとして独立した車種となった。3代目が現行型となる。

 車名は「Crossover(X-over)Vehicle」の頭文字をとって名づけられた。

初代(2010年~2012年)

 2010年6月、3代目インプレッサの一部改良とともに「インプレッサXV」が発売となった。インプレッサの5ドアハッチバックがベース。日本向けには1.5リッターNAエンジンと2リッターNAエンジンをラインアップした。ボディサイズは全長4430mm×全幅1770mm×全高1520mm。駆動方式はFFとAWD、トランスミッションは5速MTとスポーツシフトE-4速ATを用意。

【関連記事】【試乗】SUBARUイチのおしゃれ番長XV! 雪道での「頼れる感」も圧倒的

スバル・インプレッサXVのフロントスタイリング画像はこちら

2代目(2012年~2017年)

 販売終了から約7カ月後となる2012年9月にフルモデルチェンジを発表。同年10月に発売を開始した。インプレッサから独立し、車名は「SUBARU XV」に改められた。2リッターNAエンジンを搭載し、2013年にはハイブリッドモデルを追加。ボディサイズは全長4450mm×全幅1780mm×全高1550mm。SUVらしさを演出するために最低地上高を200mmとしながら、全高は多くの機械式駐車場に収まる高さに抑えられている(ルーフレール非装着車の場合)。駆動方式はAWD、トランスミッションはCVTとなった。また運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を搭載。

スバルXV(2代目)のフロントスタイリング画像はこちら

3代目(2017年~)

 2017年5月に発売となった3代目が現行型となる。エンジンは2リッターNAに加え、1.6リッター NAを追加。また2018年にハイブリッドモデルe-BOXERがラインアップに加わった。現在はガソリンモデルが1.6リッター、ハイブリッドモデルが2リッターというグレード形態となっている。ボディサイズは全長4485mm×全幅1800mm×全高1550mmに拡大されたものの、全高は多くの機械式駐車場に収まる数値を維持(ルーフレール非装着車の場合)。駆動方式はAWD、トランスミッションはリニアトロニックだ。

スバルXV(3代目)のフロントスタイリング画像はこちら

 なお現行型の詳しいスペックは次の項目にて解説する。

画像ギャラリー